自民 二階幹事長 韓国・ムン大統領の訪日へ協力要請

日韓関係が冷え込む中、自民党の二階幹事長は韓日議員連盟の幹部と会談し、来週開幕する東京オリンピックにあわせて、ムン・ジェイン(文在寅)大統領の日本訪問が実現するよう協力を要請しました。

韓国の超党派の国会議員で作る「韓日議員連盟」は、会長を務めるキム・ジンピョ(金振杓)元副首相ら幹部が14日から日本を訪れていて、自民党本部で二階幹事長と会談しました。

会談で二階氏は「東京オリンピックが目前に控えており、ぜひ、ムン・ジェイン大統領にお越しくださいと伝えてもらいたい。歓迎する」と述べ、来週23日に開幕する東京オリンピックにあわせたムン大統領の日本訪問実現に協力を要請しました。

これに対しキム氏は「現在、検討しているところだ」と述べました。

これに先立って、キム氏らは日本側の「日韓議員連盟」の幹部とも国会内で面会しました。

そして、慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日韓関係が冷え込んでいることから、首脳会談を早期に行う必要があるという認識で一致するとともに、関係改善に向けた対話や交流の重要性を確認しました。