“サクラマスがジャンプ” 北海道 清里町

北海道清里町にある滝で産卵のために滝を上ろうとするサクラマスが、ジャンプする姿がみられその様子をみようと観光客などが訪れています。

清里町を流れる斜里川にある高さおよそ3.7メートルの「さくらの滝」では、産卵のために川を上ってきた多くのサクラマスが、上流を目指して滝をジャンプする姿が見られます。

訪れた観光客は、何度もジャンプするサクラマスをカメラで撮影したり、「惜しい」と声をあげたりしていました。

地元の観光協会によりますと、サクラマスがジャンプを成功するのは1割ほどですが、ことしは雪どけ水などの影響で、高さが低く、水量もあって上りやすかった場所の岩が崩れ、成功する数は減る可能性があるということです。

一方、滝を上れなかったサクラマスは、滝の下や下流で産卵するということです。

神奈川県の50代の女性は「地元の人に勧められて来ましたが、こんなに飛んでいると思わずびっくりしました」と話していました。

きよさと観光協会の西舘智也さんは「距離をあけたり、譲り合ったりしながら見てもらって、サクラマスが滝を上れたときは一緒に喜んでほしいです」と話していました。

「さくらの滝」でのサクラマスのジャンプは来月いっぱい見られるということです。