大相撲名古屋場所 10日目 白鵬と照ノ富士がともに10連勝

大相撲名古屋場所は10日目、横綱 白鵬と綱とりの大関 照ノ富士が、ともに10連勝です。

中入り後の勝敗です。

▽千代ノ皇に十両の豊山は、豊山がはたき込みで勝ちました。

▽宇良に千代の国は、宇良が押し出し。

▽石浦に栃ノ心は、石浦が寄り切り。

▽輝に魁聖は、魁聖が引き落とし。

▽琴ノ若に新入幕、一山本の2敗どうしの一番は、琴ノ若が寄り切って勝ち越しを決めました。

▽徳勝龍に玉鷲は、玉鷲が送り出し。

▽照強に大奄美は、照強が押し出し。大奄美は負け越しです。

▽剣翔に宝富士は、宝富士が寄り切り。

▽碧山に千代丸は、千代丸が突き落とし。

▽英乃海に妙義龍は、行司軍配差し違えで英乃海がはたき込み。妙義龍は負け越しました。

▽千代翔馬に志摩ノ海は、千代翔馬が引き落とし。

▽霧馬山に琴恵光は霧馬山が上手投げ。琴恵光は負け越しです。

▽阿武咲に北勝富士は、北勝富士が寄り切り。

▽翔猿に豊昇龍は、豊昇龍が押し出し。

▽大栄翔に逸ノ城は、逸ノ城が突き落とし。

▽新小結 明生に隆の勝は、明生がはたき込み。

▽新小結 若隆景に関脇 高安は、高安が突き落としで勝ちました。

▽関脇 御嶽海に大関 正代は、正代がはたき込み。

▽千代大龍に綱とりの場所の大関 照ノ富士は、照ノ富士が寄り切り。初日から10連勝です。

▽隠岐の海に横綱 白鵬は、白鵬が寄り切り。白鵬も初日から10連勝としました。

力士の談話

6勝目を挙げた宇良は「うれしい。まだ勝ち越しは視界に入っていない。自分でもよく頑張っていると思う」と話していました。

勝ち越しまであと1勝とした石浦は「立ち合いで前みつのいいところが取れて自分のいい攻めができた。特に気負うこともない。体の状態がいいと気持ちも自然と乗ってくる」と話していました。

勝ち越しを決めた琴ノ若は「しっかり前に出ていい相撲を取れた。ここで終わりじゃない。気持ちを切り替えて、上位の力士と組まれたら思い切っていければ」と集中している様子でした。

玉鷲は7勝目を挙げ「久しぶりに自分の相撲を出せた。相手は重く圧力があるので、取りあえず自分の相撲を取りたいと思っていた」と明るく話していました。

星を五分に戻した新小結 明生は「中に入ろうという意識でいった。体もよく動いている。まずはあすの相撲に集中して、自分の相撲を信じて臨みたいです」と気を引き締めていました。

関脇 高安は6勝目を挙げ「腰をしっかり落として、落ち着いて相撲を取ることができた。いい状態であすからの終盤戦に入っていけたらと思う」と話していました。

大関 正代も6勝目、「自然にはたきが出た。まだまだ体も動いていると思うので、それを生かしていけたらと思う」と話していました。

照ノ富士は10連勝し「冷静にできたかなと思う。まだ5日間あるので、これからです。自分のやってきたことを信じてやるだけ」と話していました。