五輪 小学生がケニア代表選手とオンライン交流 福岡 久留米

東京オリンピックに向けて福岡県久留米市で事前合宿を行っているケニア代表の選手たちが地元の小学生とオンラインで交流しました。

今月23日に開幕する東京オリンピックに向けてケニアの7人制ラグビーの男子やバレーボールの女子の代表チームの事前合宿が久留米市で始まっています。

13日はケニアの選手たちが、市内の川会小学校の児童とのオンライン交流会に滞在するホテルから参加しました。

交流会には5年生と6年生の児童43人が参加し、選手たち6人に日本の文化や食事などを紹介しました。

そして、ケニアの選手が児童たちに「ケニアの国旗はどんな色か知っていますか」などと尋ねるなど和やかなやり取りが続きました。

会の最後では、児童たちがケニアの国旗の小旗を振りながら英語で「あなたならきっとできます」とエールを送りました。

6年生の児童は「オリンピックの選手と交流できる機会はなかなかないです。久留米の良さを伝えるなど、交流できてうれしかったです」と話していました。