五輪で来日 アメリカ人電気技師ら4人 コカイン使用疑いで逮捕

東京オリンピックのスタッフとして来日していたアメリカ人とイギリス人の電気技師、合わせて4人がコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。調べに対し、いずれも容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、いずれも電気技師のブーケ・ダルトン・レイ容疑者(22)らアメリカ人2人とイギリス人2人の合わせて4人です。

警視庁によりますと、4人は今月上旬、東京都内またはその周辺でコカインを使用したとして麻薬取締法違反の疑いが持たれています。

今月3日の未明に港区六本木でブーケ容疑者が酒に酔った状態でマンションに侵入し、警察官の職務質問を受けたことをきっかけに4人の尿を鑑定した結果、いずれもコカインの陽性反応が出たということです。

4人は産業用の発電機を取り扱う外資系企業の社員で、東京オリンピックのスタッフとしてことし2月から5月にかけて来日し、港区の宿泊施設に滞在しながら発電機の整備などを行っていたとみられるということです。

職務質問を受ける前日、4人は午後8時ごろから六本木のバーで酒を飲んでいたということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

調べに対し、「全く身に覚えがない」などといずれも容疑を否認しているということです。

組織委「大会を傷つけるもので誠に遺憾」

東京オリンピックのスタッフとして来日した4人の電気技師が逮捕されたことについて、大会組織委員会は「4人は大会用の仮設電源の設置管理を委託契約している会社の社員で、決してあってはならず大会を傷つけるものであり誠に遺憾です。組織委員会としては会社に対して厳重な注意を行い徹底した再発防止に取り組み信頼の回復に努めるよう強く求めていきます」というコメントを出しました。

「あってはならないこと」「論外」

東京オリンピックのスタッフとして来日していた4人が逮捕されたことについて、六本木に住む40代の男性は「あってはならないことで、大会の開幕前にこのような事件が起きて残念です。自粛期間中にもかかわらず、深夜まで酒を飲んでいたことも問題だと思います」と話していました。

また、40代の会社員の男性は「私たちが自粛している中、飲酒がきっかけで事件が発覚したというのは論外だと思います。来日するオリンピックの関係者については、こうしたことが起きないようチェックや対策をしっかりしてもらわないと困ります」と話していました。

逮捕された4人の勤務先「深くおわび 今後徹底的な調査行う」

今回、逮捕された4人が所属するイギリスの電力関連会社は、ホームページ上にコメントを掲載しました。

この中では「警察の捜査に全面的に協力しております。また、警察の捜査を受けている4名は現在職務から解かれており、今後弊社では徹底的な調査を行う予定です。東京オリンピックが安全に実施されるために尽力されている多くの皆様にご迷惑をおかけしたことを深くおわびいたします」としています。