西~北日本で大気不安定 静岡で猛烈な雨 土砂災害など厳重警戒

西日本から北日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっていて、このあとしばらくは局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。14日も広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みで、土砂災害や川の氾濫に警戒が必要です。

13日は西日本ではところによって晴れ間が広がり、気象庁は「九州北部と中国地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

一方、上空の寒気や暖かく湿った空気の影響で、西日本から北日本にかけての広い範囲で大気の状態が非常に不安定になり、東海や甲信などで雨雲が発達しています。

レーダーによる解析では、午後6時50分までの1時間に浜松市北部山間部付近でおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表しました。

これまでの雨で、宮城県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

大気の非常に不安定な状態はこのあとしばらく続き、関東甲信や東海、北陸、それに東北では雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るところがある見込みです。

また、14日も上空に寒気が流れ込むため、西日本から東北にかけて気温が上昇する午後を中心に激しい雨が降り、局地的には非常に激しい雨が降るおそれもあります。

上空の風が弱いため、雨雲が発達すると同じ場所にとどまりやすく、予想を上回る雨の量になる可能性があります。

気象庁は、土砂災害や川の急な増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。

晴れていても天気が急変するおそれがあり、急に冷たい風が強く吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。

大気の不安定な状態は16日ごろにかけて続く見込みで、最新の気象情報を確認するようにしてください。