東京五輪 サッカー男子日本代表 ホンジュラスに勝利

東京オリンピック、サッカー男子の日本代表が今夜、大阪市でホンジュラスと強化試合を行い、3対1で勝ちました。

日本は先月のメンバー発表後、初めての強化試合として12日夜、大阪市のヨドコウ桜スタジアムで前回のリオデジャネイロ大会でベスト4のホンジュラスと対戦しました。

日本はキャプテンの吉田麻也選手をはじめとしたオーバーエイジ枠の3人のほか、攻撃陣では10番を背負う堂安律選手や20歳の久保建英選手などが先発出場しました。

日本は序盤から攻守の切り替えを早くして押し込む場面を作り、13分にフリーキックのチャンスで久保選手が浮かせたパスに吉田選手が合わせて先制点を挙げると、40分には堂安選手が追加点を決めました。

後半になると相手に攻め込まれるシーンが増えてオウンゴールで1点を返されましたが、後半40分に途中出場の相馬勇紀選手のクロスボールに再び堂安選手が飛び込んで追加点を奪って突き放し、3対1で勝ちました。

日本は今月17日に神戸市で本大会を前にした最後の強化試合として強豪・スペインと対戦したあと、22日に予選リーグ初戦の南アフリカ戦に臨みます。

森保監督「確実に前進」

森保一監督は「1か月ほど試合をしていない選手も多く、難しい試合だったが、良い準備になった。完成度はまだまだ上げていかなければならないが、強い相手に試合の勘や体力を取り戻しチームのコンセプトがしっかり共有できて確実に前進した。最善の準備を続け、国民の皆さんに喜んでもらえる結果を出したい」と話しました。

堂安選手「金メダルを目指して頑張りたい」

2ゴールの活躍だった堂安律選手は「どちらのゴールもワンタッチでのシュートだったので、パスを出してくれた仲間に感謝したい」と振り返りました。

そして、「先制点を取ることが大事だったので、前半は良かった。ただ後半は流れをもっていかれたのでそこは課題で克服しなければならない。オリンピックでは金メダルを目指して頑張りたい」と気を引き締めていました。