韓国 日韓首脳会談「協議内容 メディアに流出」と遺憾の意表明

韓国外務省の当局者は東京オリンピックに合わせた日韓首脳会談について、検討してきたことは事実だとしたうえで「協議内容が日本政府当局者などを引用する形で一方的にメディアに流出している」と主張して強い遺憾の意を表明しました。

韓国外務省の当局者は11日コメントを発表し、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が今月23日の東京オリンピックの開会式に合わせて日本を訪問し、菅総理大臣と初めて対面で首脳会談を行う可能性について「適切な格式で行われるという前提で検討してきたことは事実だ」と明らかにしました。

そのうえで「しかし最近、外交当局間の協議内容が日本政府当局者などを引用する形で一方的にメディアに流出している」と主張して、強い遺憾の意を表明しました。そして「こうした状況で協議を続けるのは難しく、日本側が慎重に対応するよう求める」としています。

ただ流出したと主張する協議内容が具体的に何を指すのかなどは明らかにしていません。

ムン大統領の日本訪問について韓国大統領府の関係者は9日「決まったことはなく、首脳会談とその成果が予見できるなら検討できるという立場だ」と述べていました。

韓国外務省の当局者の11日のコメントは慰安婦問題や太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題などで日韓関係が冷え込む中、韓国政府が日本側の対応に神経質になっていることをうかがわせています。