首都高で逆走した車が衝突 運転の男性が死亡 10キロ以上逆走か

11日未明、千葉県市川市の首都高速道路で乗用車が逆走してトラックと正面衝突し、乗用車を運転していた52歳の男性が死亡しました。
現場の道路から10キロ以上手前の場所で逆走した車が目撃されていて、警察は詳しい経緯を調べています。

11日午前0時半ごろ、千葉県市川市本行徳の首都高速道路湾岸線の東行きで乗用車が逆走して中型トラックと正面から衝突しました。

この事故で、乗用車を運転していた埼玉県草加市の無職、荒井久登さん(52)が死亡しました。

また、中型トラックに乗っていた30代の女性と、7歳と3歳のいずれも男の子が軽いけがをしました。

警察によりますと、事故の20分ほど前に、現場の14キロほど手前の場所で事故の乗用車と同じ車種の車が逆走していると通報があったということです。

警察は、車が10キロ以上逆走していたとみて、進入した場所など逆走の経緯を詳しく調べています。