鹿児島 薩摩川内 離島除く全域に「緊急安全確保」命守る行動を

鹿児島県薩摩川内市は、午前7時に離島を除く川内地域全域の合わせて4万3549世帯8万9098人に出していた避難指示を「緊急安全確保」に切り替えました。

警戒レベルで最も高いレベル5で近くの建物や自宅の2階以上、斜面から離れた場所など周囲の状況を確認し、少しでも安全な場所で命が助かる可能性の高い行動を取るよう呼びかけています。

複数の道路が冠水の情報

大雨特別警報が発表されている薩摩川内市を管轄する薩摩川内市消防局によりますと、午前7時半の時点で、市内の複数の道路が冠水しているという情報が寄せられているということです。

一方で、住宅などの被害は入っていないということで、消防は引き続き、情報の収集を進めることにしています。

消防本部の男性職員は、「午前3時から現在まで大雨が続いているので警戒を怠らないようにしていきたい」と話していました。