西・東日本中心に非常に激しい雨のおそれ 土砂災害への警戒を

九州南部では10日、記録的な大雨となって鹿児島県などでは土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があり、引き続き厳重な警戒が必要です。

11日も西日本と東日本を中心に大気の状態が不安定になって局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと活発な梅雨前線の影響で、九州南部では10日朝にかけて線状に発達した雨雲が流れ込み続け、鹿児島県のさつま町や薩摩川内市などでは猛烈な雨が降りました。

さつま町では昼すぎまでの24時間の雨量が473ミリと観測を始めてから最も多くなりました。

このほか10日昼前後までの24時間の雨量は鹿児島県の紫尾山で429.5ミリ、宮崎県のえびの市の加久藤で351ミリなどと平年の7月1か月分の5割から6割余りに達しました。

また、宮崎県や鹿児島県北部を流れる川内川やその支流などでは水位が急激に上昇し、一時、氾濫の危険性が非常に高くなりました。

鹿児島県と宮崎県、それに熊本県では10日朝、大雨の特別警報が相次いで出され、いずれも昼すぎまでに警報に切り替えられました。

ただ鹿児島県と熊本県では「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があり、気象庁は引き続き土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。

また、10日夜は関東など東日本と西日本の各地で大気の状態が不安定になって雷雲が発達し、局地的に非常に激しい雨が降りました。

今後の見通し

今後の雨の見通しです。

九州の雨はピークを過ぎましたが、上空に寒気が流れ込むため11日も西日本と東日本を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。

雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

11日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽九州北部と関東甲信で100ミリ
▽九州南部と中国地方、近畿、東海、北陸で80ミリ
▽東北で60ミリ
と予想されています。

その後、12日夕方までの24時間には
中国地方、近畿、東海、北陸、関東甲信、東北で50ミリから100ミリ、九州でおよそ50ミリの雨が降る見込みです。

気象庁は土砂災害に警戒するとともに低い土地の浸水や川の増水、落雷、竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

菅首相 人命最優先の災害応急対策を指示

菅総理大臣は10日午後、総理大臣公邸で、棚橋防災担当大臣や沖田内閣危機管理監らから九州南部の記録的な大雨の状況について報告を受けました。

そして棚橋大臣らに対し、今後も九州地方を中心に各地で断続的に激しい雨が降るおそれがあるとして引き続き緊張感を持って警戒にあたるとともに、人命最優先の方針で災害応急対策に万全を尽くすよう指示しました。

また発生から1週間となる静岡県熱海市の大規模な土石流について、安否がわからない人の捜索状況などについて報告を受け救命救出を第一に、被災した人たちのケアも含めて対応するよう指示しました。