小池都知事 “安全・安心な大会にすべく準備進めていく”

東京オリンピックが東京など1都3県のすべての会場で、観客を入れずに開催されることについて小池知事は記者会見で「感染状況などがさらに悪化しても大会中止の判断はないか」と問われたのに対し、安全・安心な大会の開催に向けて準備を進める考えを示しました。

東京オリンピックは東京など1都3県の、すべての会場で観客を入れずに開催されることが8日決まりました。

これについて小池知事は9日の記者会見で、記者団から「感染状況や医療提供体制がさらに悪化しても大会中止の判断はないか」と問われたのに対し「国や組織委員会、私どもも同じ思いで、安全・安心な大会にすべく進めていく」と述べ、準備を進める考えを示しました。

また、小池知事は「世界の様相がコロナで大きく変わったなかで、オリンピックという国際的な大会を行うのは前例のないことばかりになる。今の放送技術によって見せ方や楽しみ方を工夫するチャレンジで、無観客を超えて世界70億人が観客だという大会につなげたい」と述べました。