南ア 汚職関与疑惑の前大統領を収監 汚職体質改善に期待の声も

南アフリカで大規模な汚職事件をめぐる調査への協力を拒み、裁判所から禁固刑の実刑判決を受けていたズマ前大統領が出頭し、収監されました。前大統領が判決に従うことで法の支配が確立され、社会の汚職体質の改善につながると期待する声も出ています。

南アフリカのズマ前大統領は2009年から9年間の在任中、電力会社などいくつもの国営企業を舞台に、「ステート・キャプチャー」「国家そのものを横領した」とも呼ばれる大規模な汚職事件に関わった疑惑が持たれ、政府が任命した調査委員会が関係者への聞き取りを進めています。

しかし、ズマ氏は聞き取り調査に数回出席したあとは裁判所の命令に従わず、出席を拒んでいたことから、裁判所は先月29日、法廷を侮辱したとして禁固1年3か月の実刑判決を言い渡しました。

ズマ氏が判決に応じるかが焦点でしたが、7日深夜、警察に出頭し、収監され、家族は「みずから収監を受け入れた」とする声明を発表しました。

南アフリカは豊富な鉱物資源を有し、アフリカの新興国として注目される一方、ズマ政権時代に不透明な入札や与党に近い人物の縁故採用などが横行し、汚職体質が深刻化したとされ社会問題になっています。

ズマ氏は一連の疑惑は政治的な策略だとして関与を否定していますが、今回、判決に従って収監されたことで、地元メディアは法の支配が確立され、汚職体質の改善につながると期待する国民や識者の声を伝えています。