【気象予報士 解説】西・東日本で非常に激しい雨のおそれ

【動画:1分15秒】
活発な梅雨前線の影響で、広島県では、半日の雨量が観測史上最も多くなるところがあるなど中国地方の各地で記録的な大雨となっていて、土砂災害や川の氾濫に厳重な警戒が必要です。

このほか、西日本と東日本の広い範囲で9日にかけて、局地的に非常に激しい雨が降って雨量が増えるおそれがあります。

今後の雨の見通しや警戒すべき点について佐藤公俊 気象予報士が詳しく解説します。
(この動画はデータ放送ではご覧になれません)