土石流 起点とみられる盛り土 当初計画の約1.5倍の量か

今月3日に静岡県熱海市で発生した土石流で、県が土石流の起点とみている場所の盛り土の規模を分析した結果、当初、届け出にあった計画のおよそ1.5倍の量だったとみられることがわかりました。県は大量の盛り土が土石流の被害を大きくした可能性があるとみて、いきさつを詳しく調べています。

熱海市伊豆山で起きた土石流で静岡県は、土石流の起点とみている上流部で崩れた盛り土が造成されたいきさつを7日、明らかにしました。

それによりますと、14年前の平成19年に神奈川県小田原市の不動産業者が「静岡県土採取等規制条例」に基づいて、熱海市に対し3万6000立方メートル余りの盛り土を造成する計画を届け出ていたということです。

そして、届け出から2年後の平成21年に土砂が搬入されるようになりましたが、業者が開発する土地の面積を無断で拡大していたほか、搬入後には土砂に木くずなどの産業廃棄物が混ざっていることが発覚し、県と熱海市が業者側に是正を指導していました。

さらに、平成22年には市が業者に対して土砂の搬入と工事の中止を要請したところ、よくとしの平成23年には土地の所有者が変わっていたということです。

また、今回の土石流を受けて、国と県のデータをもとに去年1月時点の盛り土の規模を分析したところ、高さは50メートル、土砂の量は5万4000立方メートルと推定され、最初に小田原市の業者が届け出た3万6000立方メートル余りという計画のおよそ1.5倍の量だったとみられることがわかったということです。

県は大量の盛り土が土石流の被害を大きくした可能性があるとみていて、より大きな規模の盛り土が造成されたいきさつなどについて詳しく調べています。