IOC バッハ会長 きょう来日 東京五輪の準備最終段階へ

東京オリンピックに向けIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長が8日、来日します。ホテルで3日間待機したあと関係者との会議などが予定されていて、大会に向けた準備が最終段階に入ります。

東京オリンピックの開幕まで、9日で2週間となるのを前にIOCのバッハ会長は8日、来日します。

バッハ会長は、これまでにワクチンを接種したほか来日に向けてIOCの本部があるスイスで自主的な隔離を続け、新型コロナの定期的な検査を受けてきました。

8日は空港で検査を受けたあと都内のホテルに入り、9日から3日間待機し、この期間中にオンラインで大会の観客の扱いなどを話し合う組織委員会や政府などとの5者による会談に臨むことになっています。そして12日からは大会組織委員会幹部との会議などに出席する予定です。

またオリンピックとパラリンピックの期間中休戦を世界に呼びかける国連決議、「オリンピック休戦」の期間の初日となる7月16日には広島を訪問する方向で調整が続けられています。

その後、17日から都内でIOCの理事会や総会が予定されていて、大会に向けた準備は最終段階に入ります。