スエズ運河座礁事故 賠償合意文書に署名しコンテナ船出航

エジプトのスエズ運河で愛媛県の会社が所有する大型のコンテナ船が座礁した事故で、運河の管理当局と船主側が事故の賠償についての合意文書に署名し、3か月以上にわたって運河内に留め置かれていたコンテナ船が出航しました。

エジプトのスエズ運河では、ことし3月、愛媛県の正栄汽船が所有する大型のコンテナ船が座礁し、1週間近くにわたって運河が通航できなくなり400隻以上の船が待機を余儀なくされるなど物流に大きな影響がでました。

運河を管理するスエズ運河庁と船主側は、事故の賠償について合意したのを受け、7日、運河沿いの都市イスマイリアで双方の代表が出席して合意文書に署名しました。
署名式では正栄汽船の檜垣幸人社長がビデオメッセージで、船の離礁作業への謝意を述べ、スエズ運河庁のラビア長官は「合意に至ったことを世界に宣言する」と述べて、円満な解決をアピールしました。
これを受けて、運河内の湖に3か月以上、留め置かれていたコンテナ船は当初の目的地であるヨーロッパに向けて出航し、運河を通過しました。

一方、合意内容の詳細については双方とも公表しないことにしていて、スエズ運河庁のラビア長官は記者会見で、船主側から賠償金とは別にタグボート1隻を受け取ることなどを説明しましたが、賠償額については明らかにしませんでした。

合意文書に署名したことについて、コンテナ船を所有する愛媛県今治市の正栄汽船は「精力的に活動してくれたスエズ運河庁をはじめ関係者の皆様に深く感謝します。今後も定期的にスエズ運河を活用していきたい」というコメントを出しています。