セ・リーグ 阪神に注意 “サイン盗み疑われる紛らわしい行為”

プロ野球、セ・リーグは、6日に行われたヤクルト対阪神の試合で、阪神の二塁ランナーの腕の動作がキャッチャーのサインを盗んでいると疑われるような紛らわしい行為だったとして、球団に注意しました。

神宮球場で行われたヤクルト対阪神の試合では、5回表に阪神の二塁ランナーの近本光司選手がリードしながら左腕を何度も動かしたため、キャッチャーのサイン盗みを疑ったヤクルトのサード、村上宗隆選手がアピールし、球審もその場で近本選手に疑われるような動作をしないよう注意しました。

これに対して、阪神の矢野燿大監督などが「やるわけがない」などと声をあげ、両チームのベンチが言い合いになって試合が一時中断する事態となりました。

これについて、セ・リーグの杵渕和秀統括は「サイン盗みがあったとまでは全く思っていないが、私も映像を確認し、紛らわしい動作だったと率直に感じた」と見解を述べたうえで、阪神に対して同様の行為がないよう口頭で注意したことを明らかにしました。

これに対し、阪神からは、試合後のコーチミーティングで紛らわしい行為だったことを確認し、7日の試合前のチームミーティングで矢野監督が選手たちに注意喚起すると説明があったということです。

杵渕統括は「阪神側の対応をヤクルトにも報告した。リーグの対応としてはこれ以上はない。きょうの試合から気持ちを新たに臨んでもらいたい」と話していました。

阪神 サイン盗むような行為を否定 “今後は気をつける”

阪神の嶌村聡球団本部長は、サインを盗むような行為は「全くしていない」と否定したうえで、近本選手にもキャッチャーのサインをバッターに伝える意思はなかったことを確認したとし、「帰塁をはかるタイミングの中でそういう動きがあったので、今後は気をつけていく」と説明しました。

また、7日の試合前の全体ミーティングで井上一樹ヘッドコーチが選手に紛らわしい行為をしないよう伝えたということで、「試合前に両チームの監督どうしの話し合いもあり、解決している」と話しました。