“梅雨末期”相次ぐ大規模災害 リスク把握の方法ご存じですか?

「梅雨末期」とされ、過去、豪雨による大規模災害が相次いで発生しているこの時期、何より重要なのは事前の備えです。大雨で引き起こされる災害には「土砂災害」や「洪水」などさまざまな種類がありますが、自分の住む地域でリスクの高い災害は何か、あらかじめ「ハザードマップ」などで確認しておく必要があります。その具体的な方法をまとめました。

ハザードマップの見方は?

避難を判断するうえで参考になるのが「ハザードマップ」です。自分の家のリスクを確認できる「ハザードマップ」の見方です。

「重ねるハザードマップ」国交省

パソコンやスマートフォンから確認する方法です。国土交通省が公開している「重ねるハザードマップ」は、土砂災害や洪水のリスクがある場所を1つの地図に重ねて表示することができるサイトです。

サイトではまず、知りたい「災害種別」を選択します。洪水や土砂災害などのアイコンをクリックすると、災害のリスクがある場所が地図上に表示されます。

そして画面上部のスペースに見たい場所を入力し、詳しく確認したい場所をクリックするとその場所の災害リスクが把握できます。

このほか「洪水」についても想定される浸水エリアや深さを把握することができます。
土石流発生の危険性がある渓流については、都道府県が「土石流危険渓流」に指定しているほか、「地すべり」の危険性のある地域は「地すべり危険箇所」、それに崖崩れの危険を示す「急傾斜地崩壊危険箇所」がそれぞれ示されることが多く、お住まいの場所のリスクを確認してください。

ハザードマップや避難に関する情報はNHKのホームページ「あなたの天気・防災」や「NHKニュース・防災アプリ」でも確認することができます。あらかじめ自分の住まいのリスクを把握することが早めの避難につながります。危険が迫る前に一度、確認してみてください。

▽「国交省のハザードマップポータルサイト」
https://disaportal.gsi.go.jp/
▽NHK「あなたの天気・防災」
https://www.nhk.or.jp/kishou-saigai/hazardmap/

土砂災害の種類は主に3つ

土石流をはじめとする土砂災害の特徴です。
▽土石流▽地すべり▽崖崩れの、大きく分けて3つの種類があり、災害に備えて避難などの対応が必要な場所は都道府県が「土砂災害警戒区域」に指定しています。
〈土石流〉
「土石流」は水と混ざり合った大量の土砂と石、それに岩などが谷に沿って一気に流れ下る現象で、今月3日に熱海市で発生しました。流れ下るスピードは時速20キロから40キロに達することもあるほか、木造住宅を押し流す力もあり発生してからの避難は困難です。

〈地すべり〉
「地すべり」は山の斜面が広い範囲にわたってゆっくりとずれ落ちる現象で、住宅が建つ斜面全体が滑り落ちたり、崩れた土砂が集落に押し寄せたりして大きな被害をもたらします。

〈崖崩れ〉
雨水がしみ込んだ住宅の裏山や山の急斜面などが一気に崩れ落ちるのが「崖崩れ」です。崖崩れは突然起きることもあります。土砂災害における死者の割合も高くなっています。

熱海市で発生したような「土石流」の場合は、沢などに近い木造住宅では2階に逃げても助からないことがあります。頑丈な建物や被害に遭うおそれの低い場所にあらかじめ移動することが大切です。

土砂災害 発生後の避難は困難

土砂災害は発生してからの避難は極めて困難です。前兆現象を伴うこともありますが、すでに差し迫っており待つのは危険です。お住まいの場所のリスクを事前に把握し、災害が差し迫る前に早めに安全を確保することが命を守るために重要です。

一方、ハザードマップでリスクが表示されていない場所でも災害が起きるおそれがあります。身の回りの状況や自治体の情報に注意してください。

「梅雨末期」前線の活動活発 過去たびたび大雨に

気象庁は、現在は梅雨前線が本州付近に停滞し活動が特に活発となる「梅雨末期」だとしています。過去、この時期には豪雨による大規模な災害が相次いで発生しており、特に当初の予想を上回る大雨になることがあるため警戒が必要です。
日本付近に停滞する梅雨前線の活動が活発になり、今月上旬にかけては東海や関東で雨が断続的に降り、各地で平年の7月1か月分を上回る記録的な大雨となりました。今月3日には熱海市で土石流が発生しました。7月前半は過去にも前線の活動が活発になりたびたび大雨となっています。

2020年 九州中心 記録的大雨

▽九州中心に記録的大雨(2020年)
7月4日から8日にかけて九州を中心に、岐阜県などでも記録的な大雨となりました。発達した積乱雲が帯状に連なる「線状降水帯」の発生も確認され、熊本県では球磨川などで氾濫が相次ぎ、特別養護老人ホームで入所者14人が亡くなるなど災害関連死を含め67人が亡くなりました。

2018年「西日本豪雨」

▽「西日本豪雨」(2018年)
3年前の7月上旬に発生した「西日本豪雨」では、停滞した梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が供給され続け、広い範囲で長時間の記録的な大雨となりました。岡山県や広島県、愛媛県などで川の氾濫による浸水被害や土砂災害が相次ぎ、総務省消防庁によりますと、死者・行方不明者は200人を超え平成で最多となりました。

2017年・2012年「九州北部豪雨」

▽「九州北部豪雨」(2017年と2012年)
7月前半の「梅雨末期」の時期に起きた豪雨災害で、線状降水帯が発生して同じ場所で猛烈な雨が降り続き、川の氾濫や土砂災害により大きな被害が出ました。

前線 週末にかけて日本付近に停滞

気象庁によりますと、「梅雨末期」には日本付近に前線が停滞して湿った空気が大量に流れ込みやすく、当初の予測を上回り記録的な大雨となりやすいということです。特に線状降水帯など短時間で急激に雨が強まる現象は、正確な発生場所や時間の予測が難しいのが現状です。
前線はこの週末にかけて日本付近に停滞し、大雨になりやすい状態が続くと予想されています。気象庁は、いつどこでどの程度の雨が降るか正確に見積もるのは難しいとしたうえで「日中のうちにハザードマップを確認するなど災害への備えを進め、夜間にあわてて行動することがないようにしてほしい」と呼びかけています。