岸防衛相「集団的自衛権の行使は個別具体的状況で判断」

中国が台湾に侵攻した場合、集団的自衛権が行使できる事態になりうるという認識を麻生副総理兼財務大臣が示したことについて、岸防衛大臣は、実際には発生した個別具体的な状況で判断されるとしたうえで、台湾をめぐる情勢を引き続き注視していく考えを示しました。

麻生副総理兼財務大臣は「台湾で大きな問題が起きると、間違いなく『存立危機事態』に関係してくると言っても全くおかしくない」と述べ、中国が台湾に侵攻した場合、集団的自衛権を行使できる事態になりうるという認識を示しました。

これについて、岸防衛大臣は閣議のあとの記者会見で「いかなる事態で存立危機事態にあたるかは、実際に発生した個別具体的な状況から総合的に判断する」と説明したうえで、麻生氏の発言は政府の考えを踏まえたものだと認識を示しました。

そして「台湾をめぐる情勢は、中台間の軍事バランスが大きく中国側に有利に傾いており、その状況がさらに毎年広がっている傾向にある。台湾問題については、しっかりと注視していく」と述べました。