熱海 土砂災害に厳重警戒 日本海側中心 あすにかけ大雨おそれ

土石流が起きた静岡県熱海市では、今も土砂災害の危険性が非常に高い状態が続いていて、厳重な警戒が必要です。一方、梅雨前線が停滞するため、7日にかけて日本海側を中心に大雨のおそれがあり、6日の明るいうちに備えを進めるよう心がけてください。

気象庁によりますと、記録的な大雨で土石流が発生した静岡県熱海市では、6日は雨は小康状態になっていますが、引き続き土砂災害の危険性が非常に高い状態となっていて、「土砂災害警戒情報」が発表されています。

今後、少ない雨でも再び災害が起きるおそれがあり、土砂災害に厳重な警戒が必要です。

崖や山の斜面、川の近くなど危険な場所には近づかず、安全な場所で過ごすようにしてください。

日本海側も大雨に警戒

一方、日本付近に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、西日本や東日本で大気の状態が不安定になり局地的に雨雲が発達しています。

このあと日本海の前線上に低気圧が発生し、前線の活動が活発となる見込みです。

このため7日にかけて西日本の日本海側や北陸を中心に雷を伴った激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。

7日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽中国地方で200ミリ、
▽東海と北陸それに九州北部で120ミリ、予想されています。

その後も断続的に雨雲がかかり、8日昼までの24時間には、
▽中国地方で100ミリから150ミリ、
▽東海と北陸、近畿、それに九州北部で50ミリから100ミリの雨が降る見込みです。

前線は10日の土曜日ごろにかけて本州付近に停滞し、日本海側を中心に雨が続く見込みで、気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

6日の明るいうちにハザードマップで地域で想定される災害のリスクや避難の方法を確認するなど、備えを進めるよう心がけてください。

気象庁「北陸 山陰では予想を上回る大雨の可能性」

梅雨前線による大雨について、気象庁は6日昼前、今後の見通しや警戒すべき点を説明しました。「今夜から北陸や山陰では予想を上回る大雨となる可能性もあり、きょうの日中に防災や避難の準備を終えておくようにしてほしい」と話しています。

気象庁によりますと梅雨前線は西日本の日本海側から東日本に停滞し、6日夜には前線上に低気圧が発生して日本海を東へ進む見込みだということです。

このため7日にかけて西日本と東日本の日本海側を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となるところがあると予想されています。

警報級の大雨となる可能性が高い期間は
▽北陸と東海が7日にかけて
▽中国地方と九州北部が6日夜から7日にかけてだということです。

気象庁は「日本海に流入する湿った空気の量の予想が難しく、北陸や山陰では今夜から予想を上回る大雨となる可能性もある。きょうの日中に防災や避難の準備を終えておくようにしてほしい」と話しています。