五輪日本選手団 きょう結団式 ほとんどの選手がオンライン参加

今月23日に開幕する東京オリンピックに向け6日、都内で日本選手団の結団式が行われます。
新型コロナウイルスの感染対策でほとんどの選手がオンラインで参加する、これまでにない形で行われ、主将を務める陸上の山縣亮太選手が大会に向けた決意を語ります。

東京オリンピックには、これまでに史上最多の582人が内定し、日本選手団の主将には陸上男子100メートルの山縣選手、副主将に卓球女子の石川佳純選手、旗手にはバスケットボール男子の八村塁選手とレスリング女子の須崎優衣選手が決まっています。

これまで結団式は、選手やコーチ、役員など大勢が一堂に会して行われてきましたが、今回は新型コロナの感染対策で、出席者は主将、副主将、旗手のほか、JOC=日本オリンピック委員会の山下泰裕会長や日本選手団の尾縣貢総監督など一部に限られ、ほとんどの選手はオンラインで参加します。

この中で山縣選手が選手を代表し、東京大会に向けた決意を語ることになっています。

東京大会に向けてJOCの山下会長は、史上最多となる30個の金メダルを日本選手団の目標に掲げていましたが、感染拡大の影響で大会が1年延期したことなどから、この目標の達成にはこだわらないという認識を示しています。

結団式は6日午後5時半から行われ、その後午後7時からは壮行会が予定されています。