都民ファーストの会から当選 木下富美子議員 無免許運転で事故

4日の東京都議会議員選挙で都民ファーストの会から立候補して当選した木下富美子議員が、選挙期間中の今月2日、無免許の状態で車を運転して事故を起こしていたことが分かりました。警視庁が詳しいいきさつを調べています。

警視庁によりますと、東京都議会の木下富美子議員(54)は、今月2日の午前7時半ごろ、自分の選挙区の板橋区高島平の交差点で乗用車を運転中、50代の男性が運転する車と衝突する事故を起こしました。

木下議員がバックしたところ、後ろに止まっていた車にぶつかったということです。

この事故で、相手の車を運転していた男性と一緒に乗っていた女性が軽いけがをしました。

警視庁が調べたところ、当時、木下議員は免許停止の処分を受けて無免許の状態だったということです。

警視庁が過失運転傷害などの疑いで事情を聴いて詳しいいきさつを調べています。

木下議員は、4日投票が行われた都議会議員選挙に都民ファーストの会から立候補し、2回目の当選を果たしています。

木下議員「大変申し訳ない」

木下議員はNHKの取材に対し「大変申し訳なく思っています。今後は二度とこのようなことがないよう、自分を厳しく律していきたいと思います」と話しています。

一方、事故の詳細や免許停止中に運転した理由については「党本部と相談したうえで正式に発表することを検討中で、今は答えられない」としています。

都民ファーストの会 党員資格停止処分に

「都民ファーストの会」は5日夜、党の規約に基づき、事故に関する事実関係が明らかになるまでの間、木下議員を党員資格停止処分とすることを決定したと明らかにしました。

事実関係が明らかになった時点で改めて厳正な処分を行うとしています。