都議選 自民第1党も自公で過半数届かず 都民は議席減で第2党に

4日の東京都議会議員選挙で、自民党は都議会第1党となったものの過去2番目に少ない議席数で、目標としていた自民・公明両党での過半数にも届きませんでした。一方で、都民ファーストの会は議席を減らし自民党とは2議席差で第2党となりました。

東京都議会議員選挙は開票が行われ、42の選挙区の127の議席が確定しました。

選挙前は45議席で第1党だった都民ファーストの会は14議席減らして31議席にとどまりました。

2人を擁立した八王子市でいずれも落選したほか前回の選挙で2人が当選した選挙区で今回は1議席にとどまるケースが相次いだためです。

一方、選挙前25議席だった自民党は議席を上積みしたとはいえ、33議席の獲得にとどまって、過去2番目に少ない議席数になり都議会第1党にはなったものの目標としていた自民・公明両党での過半数にも届きませんでした。

2人を擁立した品川区と目黒区の選挙区ではいずれも1議席も獲得できなかったほか、大田区では3人中2人が落選するなど厳しい結果となりました。

自民党と選挙協力を行った公明党は23人の候補者全員が当選し、平成5年の都議会議員選挙以降、8回連続での全員当選となりました。

また共産党は、選挙前の18議席から1つ増やして19議席を確保しました。

さらに、選挙前8議席だった立憲民主党は15議席に伸ばしました。

日本維新の会と、東京・生活者ネットワークは、いずれも選挙前と同じ1議席を獲得しています。

当選した女性候補者 41人で過去最多

今回の都議会議員選挙で当選した女性の候補者は、これまでで最も多かった前回・4年前の選挙をさらに5人上回り41人となって過去最多となりました。

定数127のおよそ3分の1が女性の議員となります。

菅首相「謙虚に受け止めたい」

菅総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し「都民の皆さんに約束して戦った、自民党と公明党で過半数を実現できなかったことは、謙虚に受け止めたい」と述べました。

そのうえで「前回の選挙と比較して8議席伸ばし、第1党になった。自民党として、都政の発展のため、都民の皆さんのため、その責任感のもとに全力で取り組んでいきたい。要因はいろいろあると思うので、まず、党の東京都連と党本部が連携しながら、冷静に期間をおいて分析し、次に備えたい」と述べました。

一方、東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、記者団が「無観客を訴えた都民ファーストの会が自民党に肉薄し、中止を訴えた共産党も議席を伸ばしたが」と質問したのに対し「5者協議の中で、主催者の東京都と政府、組織委員会、さらにIOCやIPCで最終的に方向性を決めると前から決めているので、選挙の結果にかかわらず、日程は決めている。まん延防止等重点措置についての結論も早々に出さなければいけないと思っているので、全体を考えながら進めていきたい」と述べました。

加藤官房長官「必要な対応を取っていく」

加藤官房長官は、5日午前の記者会見で「結果を謙虚に受け止め、分析し、今後に生かしていきたい。地方自治体の選挙であり、これまでも具体的なコメントは差し控えているが、まずは新型コロナウイルス対策をはじめとした諸課題に、東京都ともしっかり連携を取りながら、引き続き全力で取り組んでいきたい」と述べました。

また、記者団が「自民党内では『事実上の敗北だ』などという声があがっているが」と質問したのに対し「結果を謙虚に受け止めながら、そこに示され含まれている民意を党と連携しながら分析し、必要な対応を取っていくということに尽きる」と述べました。

立民 安住国対委員長「五輪・コロナ対応への評価が如実に」

立憲民主党の安住国会対策委員長は、記者団に対し「東京オリンピックやコロナ対応などへの評価が如実にあらわれた。いまの自公政権に対する不満が相当根強かったけれどもその一定の受け皿に都民ファーストの会がなったということが、この結果だ。次の衆議院選挙では、立憲民主党が中心になり、政権に対して不満を持っている方々の受け皿になっていくことが大事だ」と述べました。

また、今回、一部の選挙区で共産党と行った候補者のすみ分けについて「如実に成果が出た。国政においても参考にしないといけない。野党が1つになれば政権交代も現実味を増したということだ」と述べました。

共産 小池書記局長「野党共闘は1歩進んだ」

共産党の小池書記局長は、記者会見で「『現有議席を確保し、新たな議席増に挑戦する』という目標を達成でき、勝利だ。わが党と立憲民主党との間の候補者調整が非常に大きな成果を上げ、自民・公明両党を過半数割れに追い込む力になった。都議会議員選挙を通じて野党共闘は1歩進んだと思うので、次の衆議院選挙に向けて、まずは立憲民主党と話し合いをしたい」と述べました。

各党の得票は

今回の東京都議会議員選挙で、各党が公認した候補者の得票数を合わせると
▽自民党が119万2796票
▽都民ファーストの会が103万4778票
▽公明党が63万810票
▽共産党が63万158票
▽立憲民主党が57万3086票などとなりました。

このうち今回が初めての選挙戦となった立憲民主党を除く4党を前回4年前の選挙と比較すると
▽自民党は6万7000票余り
▽都民ファーストの会は100万3000票余り
▽公明党は10万3000票余り
▽共産党は14万3000票余り、いずれも減っています。

また、得票率では
▽自民党は今回が25.7%で前回よりおよそ3ポイント上がりました。
▽都民ファーストの会は今回が22.3%で前回よりおよそ14ポイント下がりました。
▽公明党と共産党はいずれも今回が13.6%で、公明党は前回よりわずかに上がり、共産党はわずかに下がりました。

また、今回の東京都全体の投票者数は472万9484人で、前回より95万2380人減りました。