都議選 自民第1党うかがう情勢 自公過半数確保できるかは微妙

4日投票が行われた東京都議会議員選挙は、自民党が第1党をうかがう情勢です。一方、選挙前に第1党だった都民ファーストの会は、議席は減らすものの自民党に迫る可能性もあります。また、自民・公明両党が目標としていた過半数を確保できるかどうか微妙な情勢です。

NHKは、有権者の投票行動や政治意識を探るため、投票日の4日、東京都内484の投票所で投票を終えた有権者4万3600人を対象に出口調査を行い、60.5%にあたる2万6359人から回答を得ました。

出口調査や情勢分析の結果、自民党は25議席から43議席を獲得する見通しで、第1党をうかがう情勢です。

公明党は16議席から23議席を獲得する見通しです。

これにより、自民・公明両党は合わせて41議席から66議席を獲得する見通しですが、両党が目標としていた過半数の64議席を確保できるかどうか微妙な情勢です。

一方、選挙前は第1党だった都民ファーストの会は、20議席から35議席を獲得する見通しで、選挙前の45議席から減らすものの自民党に迫る可能性もあります。

共産党は14から22議席、立憲民主党は11から22議席、東京・生活者ネットワークは1から3議席を獲得する見通しです。

日本維新の会は最大で2議席、れいわ新選組は1議席を獲得する可能性があります。

無所属の候補者は2から6議席を獲得する見通しです。