将棋 藤井聡太二冠 棋聖戦制す 史上最年少で初防衛 九段昇格

将棋の藤井聡太 二冠が、「棋聖戦」の五番勝負で挑戦者の渡辺明 三冠を相手に3連勝し、自身初となるタイトル防衛を果たすとともに、史上最年少の18歳11か月で「九段」に昇段しました。

藤井聡太 二冠(18)は、去年、八大タイトルのうち「棋聖」と「王位」を立て続けに獲得して史上最年少で「二冠」を達成し、このうち初めての防衛戦となる「棋聖戦」の五番勝負では、渡辺明 三冠(37)を相手にここまで2連勝しています。

静岡県沼津市で午前9時に始まった第3局は、お互いが1手に1時間を消費する長考をはさみ、最終盤には両者ともに秒読みで指し続ける熱戦となりましたが、午後7時14分、100手までで後手の藤井二冠が渡辺三冠を投了に追い込み、3連勝で棋聖のタイトルを防衛しました。

藤井二冠は「18歳11か月」で自身初となるタイトル防衛を果たし、これまでのタイトル防衛の最年少記録、「19歳0か月」をわずかに更新しました。
さらに、藤井二冠は今回のタイトルを防衛したことで「タイトル3期獲得」の条件を満たして、将棋の段位で最上位の九段に昇段しました。

日本将棋連盟によりますと、九段昇段のこれまでの最年少記録は今回の対戦相手である渡辺三冠が16年前に記録した「21歳7か月」で、藤井二冠はこれを大幅に更新して10代で初めての「九段」の棋士になります。

藤井二冠「九段は最高位なので光栄」

対局のあと、藤井二冠は棋聖戦の3局を振り返り「自分としては防衛を意識せずに、ふだんどおりにぶつかっていく気持ちで指すことができました。苦しい場面もあったので課題にしたいと思います」と話していました。

そして、史上最年少での初防衛と九段昇段を決めたことについては「『タイトルを防衛して一人前』ということばも将棋界にはあるので、防衛できてよかったです。段位のことは全く意識していなかったですが、九段は最高位なので光栄です」と話していました。

地元ファンも歓喜

藤井聡太二冠の地元、愛知県瀬戸市にある「せと銀座通り商店街」では、対局ごとにシャッターに駒を貼り付ける「大盤解説」が行われ、地元のファンおよそ30人が集まって対局の行方を見守りました。

そして午後7時すぎに挑戦者の渡辺明三冠に勝ってタイトル防衛を果たすと、くす玉が割られ勝利を祝っていました。

商店街の60代の女性は、「最後までドキドキでうれしいの一言です。これからも勝ち続けてほしいです」と話していました。

瀬戸市の60代の男性は「本当に良かったです。瀬戸市民としてうれしいです」と話していました。

「大盤解説」を企画している商店街の飯島加奈さんは「いい結果いい将棋でうれしいです。見守っていけるのはうれしいし、これからも応援していきたいです」と話していました。