静岡や神奈川で記録的な大雨 土砂災害や洪水の危険 厳重警戒を

活発な梅雨前線の影響で、2日夜から、東海や関東甲信を中心に発達した雨雲が流れ込み、静岡県や神奈川県などの各地で記録的な大雨となりました。雨雲は次第に関東の東の海上へと抜けつつありますが、引き続き土砂災害や川の増水に厳重な警戒が必要です。

気象庁によりますと、太平洋側に停滞している活発な梅雨前線の影響で、東海や関東甲信を中心に、2日夜から発達した雨雲が流れ込み、激しい雨が降り続きました。

3日昼前後までの48時間に降った雨の量は、
▽神奈川県箱根町で681.5ミリ、
▽静岡県熱海市網代で313ミリなどと
いずれも平年の7月1か月の雨量を上回り各地で記録的な大雨となりました。

これまでの雨で、静岡県と神奈川県、千葉県では、土砂災害の危険性が非常に高まり、土砂災害警戒情報が発表されている地域があるほか、氾濫危険水位を超えている川があります。

雨の見通しは

今後の見通しです。

発達した雨雲は関東の東の海上へと抜けつつありますが、3日は東海や関東甲信、九州などで局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあります。

4日から5日にかけては、梅雨前線が北上するため、西日本や東日本の日本海側を中心に大気の状態が不安定になり、雨雲が発達する見込みです。

4日朝から5日朝までの24時間に降る雨の量は、
▽九州北部で100ミリから200ミリ、
▽北陸と東海で100ミリから150ミリ、
▽関東甲信と近畿で50ミリから100ミリと予想されています。

気象庁は、引き続き土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意するよう呼びかけています。

自治体の避難の情報に注意し、安全な場所で過ごすようにしてください。

災害の危険性高く 早めの安全確保を

これまでの雨で静岡県や神奈川県などではすでに災害の危険性が高くなっている地域がありますが、これ以外の地域も含め、このあと一気に状況が悪化するおそれもあります。

自治体の避難の情報に注意し、安全な場所で過ごすようにしてください。

ただ、道路が冠水するなど周囲が危険な場合はむやみに避難場所まで移動せず、近くの頑丈な建物や建物の2階以上などで安全を確保するようにしてください。

雨が止んでも土砂災害に警戒

雨が弱まったり、止んだりしても土砂災害に警戒が必要です。
過去には、雨が止んで数時間たってから土砂災害が発生し、犠牲者が出たケースもあります。

地面にしみこんだ雨水は少しずつ抜けるため、大雨の後、しばらくの間は土砂災害の危険性が高い状態が続きます。また、土石流などは時速数十キロと自動車並みの速さで流れ下るため、発生してから逃げるのは難しく、あらかじめ安全な場所に移動しておくことが大切です。

雨が止んでも決して油断せず、自治体からの避難情報や土砂災害警戒情報が出ている地域では避難してください。また、すでに避難している人は自治体から情報が出ている間は避難を続けてください。

土砂災害に詳しい東京農工大学の石川芳治名誉教授は「雨が弱まっても地中にしみこんだ水はすぐには無くならず、崩壊が発生するまでに時間がかかるケースがある。土砂災害の危険性がある地域からは離れてほしい」と話しています。

政府 「官邸対策室」設置

静岡県や神奈川県などの各地で記録的な大雨となっていることを受けて、政府は、午後1時10分、総理大臣官邸の危機管理センターに「官邸対策室」を設置して、情報収集と警戒にあたっています。

また菅総理大臣は午後1時20分、総理大臣公邸に入りました。続いて棚橋防災担当大臣が総理大臣公邸に入りました。

棚橋防災担当大臣は、菅総理大臣に各地の被害の状況を報告したあと、記者団に対し、菅総理大臣から、早急に各地の状況を把握し、地方自治体とも緊密に連携しながら、被災者の救命救助などにあたるよう指示を受けたことを明らかにしました。

そのうえで、棚橋大臣は「きょう午後2時から関係部署の幹部を集めて対策会議を開く。現在、複数の方が熱海市近辺で、土砂災害に巻き込まれたおそれがあるという情報があるが、確認して、救命、救助のために全力を挙げたい」と述べました。