サッカー東京五輪代表メンバー 男女とも22人に拡大 FIFA決定

FIFA=国際サッカー連盟が、東京オリンピックの1チームの選手の数を男女とも18人から22人に拡大することを決めたと、日本サッカー協会が明らかにしました。

東京オリンピックに向け、FIFA=国際サッカー連盟が定める規定では、選手の数については各チームとも18人で、大会期間中に負傷者などが出た場合などに限って、チームに帯同している4人のバックアップメンバーを代わり登録することが認められています。

しかし、日本サッカー協会の反町技術委員長はオンラインでの会見で「きのうFIFAから通達が届き、東京オリンピックだけの例外的な措置として、バックアップメンバーというカテゴリーをなくして、メンバーが22人という形になる」と話し、男女ともに1チームの選手が22人に拡大されたことを明らかにしました。

ただし、ベンチに入れる選手の数には変更はないということで、試合ごとに22人から18人のメンバーを選んで試合を行うということです。

男子では、現在バックアップメンバーとして選出されている、ゴールキーパーの鈴木彩艶選手、ディフェンダーの町田浩樹選手と瀬古歩夢選手、フォワードの林大地選手の4人が、追加のメンバーとして登録されるということです。

反町技術委員長は「新型コロナウイルスがおさまらない中で、試合がなくなってしまうことはオリンピックの歴史の中であってはならないので、好意的にとらえるしかない。若い世代の国際経験を積むという意味でもウェルカムなこと」と話していました。