児童5人死傷事故 逮捕の運転手「気が付いたら大変なことに」

千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込み児童5人が死傷した事故で、逮捕された運転手が児童をはねたときの状況について「気が付いたら大変なことになっていた」という趣旨の説明をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

先月28日、千葉県八街市で下校途中の小学生の列にトラックが突っ込んだ事故では、8歳と7歳の男の子2人が死亡したほか、8歳の女の子が意識不明の重体になり、7歳と6歳の男の子が大けがをしました。

警察はトラックを運転していた梅澤洋容疑者(60)を逮捕し、アルコールの影響で正常な運転に支障が出る状態だった疑いがあるとして、危険運転致死傷の疑いで捜査しています。

トラックは道路脇の電柱に衝突したあと児童をはねましたが、警察によりますと、梅澤容疑者は「人をよけるためにハンドルを切って電柱に衝突した」などと供述しているということです。

ただ、これまでのところ防犯カメラの映像などからは道路に出る人の姿は確認できていないということです。

一方、児童をはねたときの状況については「気が付いたら大変なことになっていた」という趣旨の説明をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

これまでの調べで、トラックは事故の直前、50キロほどのスピードで走行し適切なブレーキ操作は行われなかったとみられ、警察は当時の状況について詳しく調べています。

運転手の勤め先 親会社社長 “安全対策 会社として協力”

逮捕された運転手の勤務先の親会社の知念辰浩社長は、1日に菅総理大臣が事故現場を訪れ、花を手向けて黙とうをささげたことについて「深く受け止め、引き続き会社として、できるかぎりの対応を誠意を持って行っていくとともに、社員全員で再発防止に向けて取り組んでいきたい」と述べました。

そのうえで、今後、現場の道路の安全対策について、市や教育委員会などと相談しながら、会社として協力していく考えを示しました。