経団連 前会長の中西宏明氏が死去 75歳

病気療養のため任期途中で退任した経団連の前の会長で、日立製作所の社長や会長を歴任した中西宏明氏が6月27日、東京都内の病院で亡くなりました。75歳でした。

中西氏は昭和45年に日立製作所に入社し、北米やヨーロッパの代表などを務めたあと平成22年に社長に就任し、平成26年からことし5月まで会長を務めました。

経営トップとして日本の製造業としては当時、過去最大の7800億円を超える巨額の赤字に陥った日立の再建に手腕を発揮し「選択と集中」を進めて業績のV字回復を果たしました。

3年前の平成30年5月に経団連の会長に就任し、これまで経団連が策定していた就職活動のルールを廃止したり、新卒一括採用や終身雇用などの「日本型雇用システム」の見直しを呼びかけたりしました。

また、政府の経済財政諮問会議や気候変動対策の推進のための有識者会議のメンバーなども歴任しエネルギー政策やデジタル社会の実現に向けた提言を積極的に発信しました。

さらに経団連の副会長に女性で初めてIT大手ディー・エヌ・エーの南場智子会長を起用するなど、経済界で女性登用を進めるための環境づくりにも力を尽くしました。

中西氏は経団連会長として在任中のおととし体調を崩して入院し、検査の結果、リンパ腫であることを明らかにしました。

その後、退院して業務に復帰したものの去年7月、再び入院し、リンパ腫が再発したと発表していました。

病状はいったん落ち着きましたがことし4月、再々発のおそれがあることが分かり、5月に任期途中で経団連の会長の退任を表明し、日立の会長の職からも退いていました。

関係者によりますと中西氏は6月27日、療養していた東京都内の病院で亡くなりました。

75歳でした。

自民 岸田前政調会長「政治家の心構え 指導いただいた」

自民党の岸田前政務調査会長は記者団に対し「経団連の会長になる前から、長きにわたって個人的に指導いただき、ご冥福を心からお祈り申し上げる。政策や政治家としての心構えについて指導いただいたことを懐かしく思い返していて、そのことを胸に政治家として努力を続けていきたい」と述べました。

日商 三村会頭「本当に残念で惜しい人をなくした」

日本商工会議所の三村会頭は「退任まで病をおして会長職を続けてこられただけに本当に驚いている。中西さんは現状の世界を変えないといけないという問題意識を強く持ち、そのために努力されてきた。もう一度復帰し、やり残したことをやっていただいていたら世の中がもう少しよくなったのではないか。本当に残念で惜しい人をなくしたと思います」と述べました。

日立製作所が正式に発表

日立製作所は、経団連の前の会長で日立の社長や会長を歴任した中西宏明氏が6月27日にリンパ腫のため都内の病院で亡くなったと正式に発表しました。

合わせて、日立でともに経営を担ってきた東原敏昭会長が談話を発表し、この中で「事業所では新人として仕事のイロハを教わり、私が社長に就任してからは経営者としてご指導いただきました。2010年に社長に就任し、未曽有の大震災に見舞われる中、高い視座をもち、日立のグローバル化と成長路線への転換を強力に推し進めてくださいました。さらに日本の発展や国際社会との協調・親善に尽力された中西さんは、日立が目指すグローバルリーダーを正しく体現されていました」などとしています。

経団連 十倉会長「国を憂い 意見を発信する経営者」

経団連の十倉会長は記者団の取材に応じ「胸が締めつけられ、やるせない思いでいっぱいだ。心よりご冥福をお祈りしたい。中西氏からは体調がよいので今月9日に食事をしようと誘いを受けていたので、驚き以外にない」と述べました。

そのうえで「中西氏が掲げていた持続可能な形で経済社会を発展させる『サステイナブルな資本主義の確立』は私の考えそのものでもあり、尊敬していた。この考えを成し遂げることが中西さんへの恩返しだと思っている。病室からITを駆使して、常に笑顔で経団連会長の職務にあたった中西さんの不屈の闘志に感服するばかりだった。国を憂い、意見を発信する経営者だった」と述べました。

経済同友会 櫻田代表幹事「鋭い洞察に深い尊敬の念」

経済同友会の櫻田代表幹事は「中西氏のこの国の未来に対する強い思いと鋭い洞察に、深い尊敬の念を抱いていました。闘病の最中にあっても、経団連会長として、また経済財政諮問会議の民間議員として国の重要な政策決定にリーダーシップを発揮されたことにも心からの敬意を表したいと思います。グローバル資本主義の検証や社会全体のDX=デジタルトランスフォーメーション、脱炭素への転換と100年に一度の大きな課題が山積する中、もっと共に語り合い、手を携えて日本の将来のために働きたかった。残念な思いで一杯です」という談話を発表しました。

経団連 御手洗元会長「多様性を重視 多くの改革を主導」

経団連の元会長でキヤノンの会長兼社長の御手洗冨士夫氏は「訃報に接し、たいへん残念な思いです。さまざまな改革を断行される中西さんの熱意あふれる人柄が思い出されます。中西さんは、2018年に経団連会長に就任して以降、新卒一括採用の見直しなどをはじめとした雇用の流動化や日本の競争力強化を提言されました。ITやベンチャー企業を経団連の会員に取り込むための入会資格の緩和や、経団連設立以来、初めての女性副会長を誕生させるなど、多様性を重視した多くの改革を主導されました。経団連会長を辞任される直前まで、病床からもオンラインで精力的に活動に取り組まれました。心よりご冥福をお祈りいたします」という談話を出しました。

加藤官房長官「内閣の重要政策にも反映」

加藤官房長官は午後の記者会見で「経営者としてリーマンショック後の経営危機にあった日立製作所の事業ポートフォリオを大胆に見直すなど、その経営手腕で、業績のV字回復を果たされた。また、経団連会長としてわが国の経済界全体のかじ取り役も務められたほか、経済財政諮問会議などさまざまな政府の委員を務めていただき、常に広い視野で将来を見据えて大所高所からご意見やご提言をいただいた」と述べました。

そして「早くから日本社会のさらなるデジタル化の必要性を指摘されており、再生可能エネルギーの導入をはじめとした脱炭素化も提唱されてきた。中西氏のお考えは現在、内閣の重要政策にも反映されている。改めて、ご功績に敬意を表するとともに心から哀悼の意を表したい」と述べました。