奈良 平城宮跡に大規模な建物跡 聖武天皇の娘 孝謙天皇宮殿か

奈良時代の都の中心だった奈良市の平城宮跡で、聖武天皇の娘、孝謙天皇の宮殿とみられる大規模な建物の跡が見つかりました。専門家は「天皇の宮殿の実態をうかがう貴重な史料だ」と話しています。

建物の跡が見つかったのは、奈良時代の都の中心だった平城宮跡の「東院」と呼ばれる地区です。

平安時代の歴史書「続日本紀」の記述などから、天皇や皇太子の宮殿があったとされている場所で、奈良文化財研究所が発掘調査したところ、東西27メートル、南北12メートルの範囲に50本の柱が整然と並んだ建物跡が見つかりました。
建物は高床式の床張りの構造で、屋根にはひわだなどがふかれていたとみられ、発掘調査で見つかった瓦から、奈良時代の西暦749年から770年の間に建てられたものとみられるということです。

規模は平城宮跡内のほかの場所で、これまでに確認されている天皇の住まいに匹敵する大きさです。

奈良時代の歴史に詳しい複数の専門家は、建てられた時期などから聖武天皇の娘で、749年に即位した孝謙天皇が住まいなどとして利用した宮殿の可能性が高いとみています。

このうちの1人、奈良大学の渡辺晃宏教授は「このような規模の建物が見つかったのは思いがけない発見で、天皇の宮殿の実態をうかがう貴重な史料だ」と話しています。