フィギュアスケート 羽生結弦 NHK杯とロシア大会に出場へ

ISU=国際スケート連盟は29日、新しいシーズンのフィギュアスケート、グランプリシリーズの出場選手を発表し、オリンピック2連覇の羽生結弦選手は、NHK杯とロシア大会に出場することになりました。

国際スケート連盟は29日、北京オリンピックが開催される新しいシーズンのグランプリシリーズの出場選手を発表しました。

グランプリシリーズは10月下旬から11月下旬にかけて6つの大会が行われ、男子シングルの羽生選手は、東京で行われる第4戦のNHK杯と第6戦のロシア大会に出場するということです。

また、ことし3月の世界選手権で銀メダルを獲得した鍵山優真選手は、第3戦の中国大会と、第5戦のフランス大会に出場します。

ピョンチャンオリンピックで銀メダルを獲得した宇野昌磨選手は、第1戦のアメリカ大会とNHK杯に出場するということです。

女子シングルでは紀平梨花選手が、第2戦のカナダ大会とNHK杯に出場します。

一方、昨シーズンからアイスダンスに転向して北京オリンピックを目指している高橋大輔選手と村元哉中選手のカップルはNHK杯に出場します。