米バイデン大統領 東京五輪・パラでジル夫人の派遣「計画中」

アメリカのバイデン大統領は、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる日本へジル夫人を政府代表として派遣することを「計画中だ」と述べ、実現に向けて検討していることを初めてみずから明らかにしました。

バイデン大統領は29日、ホワイトハウスで記者団に対し東京オリンピック・パラリンピックが開かれる日本へファースト・レディーのジル夫人を派遣するのかという質問に「計画中だ」と述べ、実現に向けて検討していることを初めてみずから明らかにしました。

ホワイトハウスは前日の28日、バイデン大統領自身の出席については「予定がない」としたうえで、政府の代表団はこれまでどおり派遣する考えを示していて、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる懸念が続く中、アメリカ政府の代表団を誰が率いるのかに関心が集まっています。

3年前に韓国で行われたピョンチャンオリンピックでは、当時のペンス副大統領がアメリカ政府の代表団を率いて開会式に出席しています。