JAXA探査機 火星の衛星「フォボス」へ 2024年度確実に打ち上げ

宇宙基本計画の工程表の改訂に向けて、政府は2029年度に火星の衛星から地球にサンプルを持ち帰る計画を実現するため、2024年度にJAXA=宇宙航空研究開発機構の探査機を確実に打ち上げるなどとした中間報告を取りまとめました。

政府は、29日に総理大臣官邸で宇宙開発戦略本部の会合を開き、毎年、年末に行っている宇宙基本計画の工程表の改訂に向けて中間報告を取りまとめました。

それによりますと、2029年度に火星の衛星「フォボス」から地球にサンプルを持ち帰る計画を実現するため、2024年度にJAXAの探査機を確実に打ち上げるとしています。

また、多数の小型衛星を連携させて、災害時の被災状況の迅速な把握などを可能にする独自のシステムを構築するため、官民が戦略的に取り組むことなども盛り込んでいます。
菅総理大臣は、戦略本部の会合で「宇宙は、人々に夢や希望を与えるフロンティアであると同時に将来の経済や社会を支える基盤となるものだ。きょうの決定に基づき必要な施策を強化する」と述べました。