小池都知事 きょう以降も静養継続 トップ不在で五輪準備へ

東京都の小池知事は、静養の継続が必要だと医師が判断したため、今後数日間、さらに公務を離れます。東京オリンピックの開幕まで1か月を切り、都内の感染確認が再び拡大の兆しもみせるなか、都はトップ不在のまま大会の最終準備を進める異例の事態となります。

小池知事は過度の疲労により静養が必要となったため、先週22日に都内の病院に入院しました。

週明けからの動向が注目されていましたが、都は27日夜、疲労がとれず静養の継続が必要だと医師が判断したため、28日以降も公務に復帰しないことを明らかにしました。

今後、数日間は静養を続けるということで、都知事の代理は引き続き多羅尾副知事が務めます。

都内では新型コロナウイルスの感染確認が増加し、再び拡大の兆しをみせるなか、東京オリンピックの開幕まですでに1か月を切っています。

また、投票日を来月4日に控える都議会議員選挙で「都民ファーストの会」の特別顧問を務める小池知事が選挙戦にどう関わるのか、さらに不透明になっています。

都議会議員選挙のさなか、オリンピックの開催都市でもある東京都は、トップ不在のまま新型コロナへの対応に加え、大会に向けた最終準備を進める異例の事態となります。

加藤官房長官「しっかりと静養し公務に復帰を」

加藤官房長官は午前の記者会見で「しっかりと静養し、公務に復帰していただくことを願っている。東京都では、来月11日まで、まん延防止等重点措置が適用されていて、新型コロナウイルス対策は政府も自治体と緊密に連携しながら対応している。職務代理を務める多羅尾副知事と引き続き連携を図りながら感染防止対策を進めていきたい」と述べました。