VRやAIを公共工事に デジタル技術で効率化の動き広がる

建設業界の人手不足が続く中、河川や道路の公共工事ではVR=仮想現実など最先端のデジタル技術で作業の効率化を図る動きが広がっています。

このうち、国が発注した新潟県内の河川の工事では、VR=仮想現実の技術で作業を効率化する取り組みが行われています。

この取り組みは、精密機器大手のリコーが開発したシステムをもとに鹿島建設と共同で進めていて、工事現場や建設会社の本社などをオンラインで結び、それぞれの場所にいる技術者が専用のゴーグルをつけて、川周辺の映像や川の深さを示すデータの画像を共有します。

現場に行く技術者の人数を減らして、工事の方針を決めることがねらいです。

鹿島建設土木管理本部の中村泰広次長は「VRは臨場感があり、川の底など実際に見に行けない場所にみんなで入り込んでコミュニケーションがとれる。工事の合意形成にかかる時間が短縮された」と話しています。

建設業界の人手不足が続く中、特に公共工事の現場では現場の画像をAI=人工知能で分析してひび割れやさびといった異常を検知するなど、最先端のデジタル技術で作業の効率化を図る動きが広がっています。