社会

小学生の列にトラック 児童2人死亡 運転手からアルコール検出

28日午後、千葉県八街市の路上で下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み児童5人がはねられました。警察と消防によりますと2人が死亡し、1人が意識不明の重体となっているほか、2人が重傷だということです。
現場で逮捕した60歳のトラック運転手から基準を超えるアルコールが検出されたということで、警察が事故の状況を詳しく調べています。
28日午後3時半ごろ、八街市八街の路上で下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み児童5人がはねられました。

警察と消防によりますと、このうち2人が死亡し1人が意識不明の重体となっているほか、2人が重傷だということです。

警察によりますと、現場の市道は幅およそ7メートルで歩道やセンターラインはなく、トラックは道路脇の電柱にぶつかったあと正面から小学生の列に突っ込んだとみられるということです。

警察は八街市のトラック運転手、梅澤洋容疑者(60)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

調べに対し容疑を認め「左に急ハンドルを切ったところ電柱にぶつかり、そのまま子どもたちの列に突っ込んでしまった」などと供述しているということです。

警察によりますと、容疑者の息から基準を超えるアルコールが検出されたということで、警察は飲酒をしていたかどうかなど詳しい状況を調べています。

児童が通っていた小学校の話

八街市立朝陽小学校によりますと、警察などからの情報で学校としてこれまでに事故にあったことが確認できているのは下校中だった4人の児童で、このうち3人は小学校1年生と2年生の男児、それに3年生の女児とみられるということです。

そのほかのけが人についての詳しい情報はわかっていないということです。

1年生から3年生までの児童は28日は午後2時50分に授業が終わり、同じ方向の児童で下校したということです。

学校によりますと、現場付近の道路は幅が狭く歩道が整備されていないうえ交通量が多い道路だということです。

学校では引き続きけが人などの情報収集を進めています。

金子徹教頭は「大変なショックだ。どういう状況で事故が起きたのか不明だが、児童たちは指導通り一列歩行で安全に気をつけながら歩いていたと思う」と話しています。

現場近くの会社「弊社のトラックが事故を」

現場近くにある鉄筋加工の会社の事務スタッフはNHKの取材に対し、事故を起こした車両はこの会社のトラックだと話しています。

トラックは28日午後1時に千葉県流山市にあるビルの新築現場で資材を下ろし、会社に戻る途中だったということです。

運転していたのは男性のドライバーで、会社の社長や工場長などが現場で対応にあたっているということです。

この事務スタッフは「現場は子どもたちの通学路でガードレールなどがないことから、日頃から走行には注意するよう周知されていました。弊社のドライバーが事故を起こしたとすれば残念としか言いようがなく、被害にあわれた児童のご家族には本当に申し訳なく思います。社としては責任者が戻り次第、対応にあたることになると思います」と話しています。

現場の様子は

NHKのヘリコプターによる上空からの映像によりますと、現場と見られる道路の脇には緑色のトラックが畑に突っ込んだ状態で止まっている様子が確認できます。

トラックは荷台とクレーンが付いた形状をしていて、畑に斜めに突っ込んでいてハザードランプがついたままになっています。

事故は直線の道路で起きたとみられ、道路やトラックの周辺には警察や消防署員らが集まっている様子がみられます。

現場は畑と住宅が混在する郊外のエリアです。

梅澤容疑者の会社 乗務前にアルコール検査行わず

逮捕された梅澤容疑者が勤める運送会社の親会社で都内に本社がある鉄筋加工会社「南武」の知念辰浩社長は報道陣の取材に応じ、事故について謝罪しました。

知念社長は「あるまじき飲酒運転で誠に申し訳ありません。お亡くなりになられた2人のご冥福を祈るとともにけがをされた3人の方の1日も早い回復を願っています。二度とこのようなことが起こらないよう社員全員で取り組んでいきます。本当に申し訳ありませんでした」と述べました。

会社の説明によりますと、梅澤容疑者は子会社の運送会社「南武運送」の社員で、28日午前6時ごろに出勤し、現場近くの八街市の工場から市川市の建設現場に資材を運んだあといったん工場に戻り、そのあと再び東京・江戸川区に資材を運んで戻る途中で事故を起こしたということです。

会社では乗務前にアルコール検知器を使った検査は行っておらず、28日に梅澤容疑者と会ったほかの従業員も特に変わった様子には気付かなかったということです。

また梅澤容疑者は勤続16年のベテランで、これまで大きな事故を起こしたことはなく真面目で勤務態度に特に問題はなかったということです。

知念社長は「運転手の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたことは運転手としてあってはいけないことで会社として察知できなかったことは申し訳ない。本当に心が痛み、ご家族のことを思うと言葉がない。申し訳ありませんでした」と改めて謝罪しました。

事故現場の近くに住む女性は

事故現場の近くに住む女性はNHKの電話取材に対して「現場は畑の中の道で歩道はなく車2台がギリギリすれ違えるくらいだ。近くの団地の子どもたちだと聞いていて心配です」と話していました。

同じく事故現場近くに住む77歳の女性は「この辺りの道路は歩道がないのですごく怖い。車を運転していても怖く、子どもがいたらゆっくり走るようにしています」と話していました。

また事故現場の近くに住む60代の女性は「目を背けたくなる光景だった。ランドセルを背負った子ども2人が道路やトラックの後ろに倒れていた。亡くなった子もいると聞いて近くに住む子だと思うので気の毒です。運転手の呼気からはアルコールも検出されたと報道されていて驚きました」と話していました。

児童が通う小学校では5年前も通学路で事故

八街市教育委員会によりますと、子どもたちが通っていた八街市立朝陽小学校では5年前の平成28年にも市内の別の通学路で登校中の児童の列にトラックが突っ込む事故が起き4人がけがをしていたということです。

このため教育委員会は登下校時の子どもたちの安全対策をまとめた「通学路交通安全プログラム」を定めて、保護者や地域の人たちによる危険箇所での見守り強化などの対策を進めてきたということです。

また事故があった現場の市道は歩道を確保できる広さがないことから、去年「スクールゾーン」に指定されたということです。

しかし今回の事故が起きたことについて市教育委員会では「子どもたちが注意していてもトラックが突っ込んでくるのでは避けようがない。飲酒をしていたとすれば言語道断だ」と話しています。

最新の主要ニュース7本

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

特集

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

News Up

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

スペシャルコンテンツ

一覧

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

ソーシャルランキング

一覧

この2時間のツイートが多い記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。

アクセスランキング

一覧

この24時間に多く読まれている記事です

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。