九州南部・伊豆諸島で激しい雨のおそれ 土砂災害など十分注意

梅雨前線や低気圧の影響で、28日は九州南部や伊豆諸島で激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は土砂災害などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、台風5号は27日にかけて小笠原諸島に接近したあと次第に日本から離れていて、27日午後9時、温帯低気圧に変わりました。

一方、28日にかけて日本の南に伸びる梅雨前線上に低気圧が発生して、暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部や伊豆諸島を中心に大気の状態が不安定になると予想されています。

鹿児島県や伊豆諸島では28日、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降る見込みで、特に鹿児島県では局地的に1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

28日夕方までの24時間に降る雨量は、いずれも多いところで、鹿児島県で180ミリ、伊豆諸島南部で100ミリと予想され、伊豆諸島ではその後も雨量が増える見込みです。

気象庁は土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に十分注意するよう呼びかけています。