陸上 女子5000m 優勝の廣中 2位の新谷が東京オリンピック内定

東京オリンピックの代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は、大会最終日の27日、女子5000メートルの決勝が行われ、廣中璃梨佳選手が15分5秒69のタイムで初優勝し、2位の新谷仁美選手とともに東京オリンピックの代表に内定しました。

今大会で代表に内定する条件は3位以内に入った上で15分10秒の参加標準記録を突破していることで、決勝にはオープン参加の海外の選手を除いて27人が出場しました。

レースは廣中選手や新谷選手をはじめ、すでにこの種目で内定を決めている田中希実選手など有力選手が集団の前につけて中盤まで進みました。

動いたのは3000メートル付近で、廣中選手がトップに立つとそのままスピードをあげ、代表を争う選手たちを突き放して独走し、15分5秒69の好タイムで初優勝しました。

すでに参加標準記録を突破している新谷選手は、いったんは4位まで落ちましたが、4000メートル手前から巻き返し15分13秒73で2位に入り、こちらも代表に内定しました。

2人ともにすでに10000メートルで代表に内定しているため、これで2種目での内定です。

また、3位には30分余り前に女子800メートルのレースに出場して3位だった田中選手が入り、タイムは15分18秒25でした。

廣中璃梨佳 半年前の1秒46差を乗り越えて

廣中璃梨佳選手は長崎県出身の20歳。駅伝で無類の強さを発揮し、中学3年生以降、出場したすべての駅伝で区間賞を獲得しています。
序盤から飛び出すレース展開を得意としていて、このうち都道府県対抗の全国女子駅伝では、9つの区間のうち1区と4区の区間記録を持っています。

おととしから日本郵政グループに所属し、東京オリンピックのマラソン代表に内定している鈴木亜由子選手らとトレーニングを積んできました。

今回、廣中選手は、半年前にわずか「1秒46」の差で逃した5000メートルの代表の座をようやくつかみ取りました。

去年12月の日本選手権は、ともに参加標準記録を突破していた廣中選手と、1歳年上のライバル、田中希実選手のうちどちらかが優勝すれば5000メートルの代表に内定するという条件で行われ、廣中選手は田中選手のラストスパートに屈してわずかの差で敗れ会場で涙を流しました。

「もう少し早くしかけるほうがよかったのか」

悔いを残さないように臨んだレースで勝ちきれなかった廣中選手。その後は練習で思うような走りができない日が続き、自分の目標すら見失うこともありました。

そんなときに支えとなったのが、同じチームの鈴木選手など、チームメイトを始めとした周囲の言葉でした。さらに春からは、指導を受ける高橋昌彦監督からスタミナづくりの一環として10000メートルへの挑戦を促され、「粘り強い走り」という自分の強みを取り戻していきました。

そしてことし5月、公式レースわずか2戦目となる10000メートルで日本選手権を制し、一気にオリンピックの代表までのぼりつめました。

今回、2種目目の代表内定を決め、リオデジャネイロオリンピックで5000メートルと10000メートルの代表になった憧れの先輩、鈴木選手と同じ2つの種目で東京オリンピックの舞台に立つことになった廣中選手。

レースの後は「ラストにかけて力みが出てしまいもっと自分らしい走りができればよかった」と振り返りました。
そしてオリンピックに向けては「自分らしい走りを忘れず皆さんの応援を借りてのびのびと力強い走りを見せたい」と話していました。

新谷仁美とは

新谷仁美選手は岡山県出身の33歳。序盤から積極的に飛び出し速いペースでレースを進める走りが持ち味です。高校時代から全国高校駅伝で3年連続区間賞を獲得するなど脚光を浴びました。

初めてのオリンピックとなったロンドン大会では、女子10000メートルに出場して9位、よくとしの世界選手権では女子10000メートルで5位に入賞しました。

その後、右足のかかとのケガもあり2014年に一度は現役を引退し会社員となりましたが、勝負の世界に戻りたいと、およそ4年のブランクを経て現役に復帰しました。

その後は元オリンピック選手で同学年の横田真人コーチの指導を受け好記録を連発し、去年は1月にハーフマラソンの日本記録を更新、9月には女子5000メートルで日本歴代2位の記録をマークしました。

去年12月の日本選手権では女子10000メートルで日本新記録をマークして優勝して東京オリンピックの代表に内定。2種目目の内定を狙い今大会の5000メートルに臨んでいました。

今大会のレースを振り返り新谷選手は「フィニッシュしたあと、みなさんが非常に喜んでくださったので、きょうはなんとか耐えることができた。最後まで走り切れて、東京オリンピックのスタートラインに立てることになり良かったと思います」とレースを振り返りました。

またオリンピックに向けては10000メートルに最も力を入れたいと話し「自分が立てた日本記録を再び更新して皆さんに喜んでもらいたい。私のうれしさも共有できるといい」と話していました。