陸上 山縣 五輪内定「いろいろな経験が背中押してくれた」

東京オリンピックの代表選考会を兼ねた陸上の日本選手権、男子100メートル決勝で3位に入り代表に内定した山縣亮太選手がレースから一夜明けて「1000分の1秒差で内定できたのは、これまでのいろいろな経験が背中を押してくれたと思う」と喜びを語りました。

男子100メートルで9秒95の日本記録を持つ山縣選手は、25日夜行われた日本選手権の決勝で10秒27で3位に入り、3大会連続となる東京オリンピックの代表に内定しました。
4位とのタイム差は、わずか1000分の1秒という激戦でした。

山縣選手はレースから一夜明け、所属先の企業が大阪市で開いた日本新記録の報告会に出席し、「1000分の1秒のところで代表に内定できたのは、これまでのいろいろな経験が背中を押してくれたと思う。すごくうれしい」とあいさつしました。

報告会には両親がサプライズで登場し、父の浩一さんが山縣選手に対し「あとから振り返ると鳥肌が立って恐怖と感謝といろいろな気持ちが押し寄せている。本当におめでとう」と激戦を振り返りながら感極まった表情で声をかけていました。

このあとの記者会見で山縣選手は改めてレースを振り返り「最後のレース1本で全力を出し切ろうと臨んだが体が追いつかずに後半の80メートル付近で足がもつれた。プレッシャーに対してまだまだ弱さを感じた部分もあった。しっかりトレーニングをして、少々失敗してもいい記録を出せるような準備をして本番を迎えたい」と1か月後のオリンピック本番への思いを話しました。