相模原 知的障害者施設 殺傷事件から5年を前に犠牲者を悼む

相模原市の知的障害者施設で19人が殺害された事件から来月26日で5年となります。その1か月前となる26日、現場となった施設では、地元の住民などが花を手向けて犠牲者を悼みました。

5年前の平成28年7月、相模原市にある県立の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で、入所していた男女19人が殺害され、26人が重軽傷を負う事件が起きました。

事件のあと、現場となった施設では、月命日の26日に献花台が設置されてきましたが、去年12月以降は、新型コロナウイルスの影響で設置が取りやめられています。

あと1か月で事件から5年となる26日、施設の前では、マスク姿の地元の住民や元職員たちが小さな台を持参して花を手向け、犠牲者を悼んでいました。
献花に訪れた「津久井やまゆり園」の元職員の原田隆彦さんは「5年の大きな節目を迎えるのを前に、今ここに来て、花束を手向けることに意味があると思う。この場所は、鎮魂と振り返りの場であって、ただのモニュメントとして風化させてはいけない」と話していました。

現場となった建物はすでに建て替えられ、ことし8月1日からの利用開始を前に、周辺の整備が進められています。

また、これに先立って、来月20日には2年ぶりに追悼式が開かれ、犠牲となった人を悼むモニュメントも公開されます。