チェコ南東部で竜巻 3人死亡 数百人けが 地元メディア伝える

中央ヨーロッパのチェコで竜巻が発生し、地元メディアはこれまでに少なくとも3人が死亡し、数百人がけがをしたと伝えています。

チェコ南東部では24日、竜巻が発生して複数の町や村で住宅などが倒壊し、地元メディアは救急当局の話として、これまでに少なくとも3人が死亡し、数百人がけがをしたと伝えています。

現地からの映像では、建物の屋根が飛ばされたり、窓ガラスが割れたりしている様子や自動車ががれきにつぶされて大破した様子などが確認できます。

地元の住民は「すべての窓がなくなり、何もかも飛ばされていった」と、ぼう然とした様子で話していました。

現地では警察や消防による救助活動が進められ、隣国のオーストリアとスロバキアからも救助隊が派遣されているということです。

現地の日本大使館によりますと、これまでのところ日本人がけがなどをしたという情報は入っていないということです。