陸上日本選手権 男子100m決勝 多田修平優勝 山縣も内定

陸上の日本選手権は25日、男子100メートル決勝が行われ多田修平選手が10秒15のタイムで初優勝し、東京オリンピックの代表に内定しました。また、日本記録を持つ山縣亮太選手も3位に入り、3大会連続のオリンピック代表に内定しました。

大阪市で行われている陸上の日本選手権は大会2日目の25日、注目の男子100メートルの決勝が行われました。

今大会でオリンピック代表に内定するには3位以内に入ること、とともに参加標準記録を突破していることが条件です。

決勝には、参加標準記録を既に突破している5人を含む8人の選手が出場しました。

レースは多田選手が得意のスタートで飛び出しました。
ピストルの音に反応する、リアクションタイムは「0秒123」ともっとも早く、そのままフィニッシュまでトップを譲らず、10秒15のタイムで初優勝しました。

2位は10秒19でデーデー ブルーノ選手が入りました。しかし、デーデー選手は参加標準記録を突破していないため代表内定とはなりません。

3位以下は100分の2秒の間に、4人が並ぶ大混戦となりましたが、山縣選手が10秒27で3位となり、3大会連続でオリンピック代表に内定しました。

いずれも9秒台のタイムを持っていた小池祐貴選手は山縣選手と同タイムながらわずかな差で4位。桐生祥秀選手は10秒28で5位。サニブラウン アブデル・ハキーム選手は10秒29で6位でした。
2位は10秒19でデーデー ブルーノ選手、3位には10秒27で山縣亮太選手が入りました。

山縣選手も3大会連続のオリンピック代表内定です。

いずれも9秒台のタイムを持っていた小池祐貴選手は10秒27で4位、桐生祥秀選手は10秒28で5位、サニブラウン アブデル・ハキーム選手は10秒29で6位でした。

男子100メートルの日本代表の枠は3つで、日本陸上競技連盟が定めた代表選考要項では今大会で内定するには3位以内に入ること、とともに参加標準記録を突破していることが条件です。
2位に入ったデーデー選手は参加標準記録を突破していないため、今大会で内定とはなりません。

次の基準として日本選手権の3位以内の選手で来月1日付の世界ランキングの上位選手を選ぶとしていますが、デーデー選手は世界ランキングの上位選手ではないため代表に選ばれる可能性は極めて低いとみられます。

さらに次の基準として4位以下で参加標準記録を突破している選手と定めていて、それをあてはめると3人目の代表には4位の小池選手が選ばれることになり、桐生選手とサニブラウン選手のこの種目での代表入りはなくなります。

3人目の代表内定選手は、日本陸連が最新の世界ランキング発表後の来月2日以降決定することになっています。

優勝 多田「緊張したかいがあった」

男子100メートルで初優勝し、東京オリンピックの代表に内定した多田選手は大阪府出身の25歳。鋭いスタートから中盤にかけての加速が持ち味です。

2017年に追い風参考記録ながら9秒94をマークして注目を集めました。
抜群のスタートを生かし日本代表では男子400メートルリレーのメンバーに抜てきされることも多く、2017年と2019年の世界選手権ではともに第1走者を務め日本の銅メダル獲得に貢献しました。

ここ数年は後半に失速するレースが続いていましたが、今シーズンはオフの走り込みや体幹の強化によって後半のスピード維持に手応えを感じていました。

今月鳥取市で行われた大会「布勢スプリント」では4年ぶりの自己ベストとなる10秒01をマークするなど調子を上げ、史上最強の選手がそろったといわれた今回の日本選手権で初優勝し、初めてのオリンピック代表の切符をつかみました。

レースのあと多田選手は「ここまで来るのはすごい長かったが、たくさんの支えがあったからここまで来ることができた。ありがとうございます」と喜びの涙を流しながら感謝の言葉を述べました。

また、「なかなか自分が1位になることが、近年、少なかったのでうれしかった。春先は調子が悪かったけれど、ここまで上げることができてよかった」としたうえで、「試合のレベルが高くて怖いくらいだった。3、4日前から眠れない日が続いていたけれど 緊張したかいがあった」と日本選手権でのレースを振り返りました。

さらに、東京オリンピックについては、「自分の持ち味はスタートから中盤のところなので、そこで一気に抜け出して、後半もさらに加速できる走りを見せることができたらいいと思います」と話していました。

3位 山縣「代表勝ち取れたことうれしく思う」

3位に入り東京オリンピックの代表に内定した山縣選手は広島県出身の29歳。勢いのあるスタートからスピードを維持してフィニッシュにつなげる走りが持ち味です。

オリンピックにはロンドンとリオデジャネイロの2大会に連続で出場し、リオデジャネイロ大会では男子400メートルリレーのメンバーとして銀メダルを獲得しました。

国内トップクラスの実力を持ちながら、おととしは肺の病気などで、昨シーズンは右ひざの痛みの影響で不本意なシーズンを送りました。
巻き返しをかけた今シーズンははじめて専任のコーチをつけて走りを見直し、今月鳥取市で行われたレースで9秒95の日本新記録をマークしました。

その勢いに乗り今回の日本選手権でも3位に入り、3回目のオリンピック代表の座を射止めました。

レースのあと山縣選手は「いつもどおり平常心を保ってレースを運ぶことを心がけたが緊張した。本当は優勝したかったが厳しい戦いになると思っていたので代表を勝ち取れたことをうれしく思います」とレースを振り返りました。

またオリンピックに向けては「ことしは自己ベストも出して手応えもあるので本番で自己ベスト出して決勝に残りたい」と話しました。

4位 小池「感触 よくなかった」

4位の小池祐貴選手は「緊張しすぎて、レースのことはあまり覚えていないが、感触はよくなかった」と悔しそうに話していました。

東京オリンピック男子100メートルの3人目の代表に選ばれることが有力ですが、「いま代表の内定を取れないのは、オリンピックの参加標準記録を突破している身としては情けない。代表に決まったら頑張ります」と話しました。

5位 桐生「ふがいない」

代表内定を逃した桐生祥秀選手は「悔しいというか、ふがいない」と心境を語りました。記者から右足に痛みがあったことが影響したのか聞かれると、「足の痛みのせいになってしまうのでお答えできないと答えたい」としたうえで「決勝に出たからには優勝を狙っていたが、力や技術不足だったなと思う」とレースを冷静に振り返っていました。

そして今後については、「東京オリンピックを目指してきたのでいったんここで一区切りの大会になった。高校生のときに注目されてからこれまで、けがとか挫折とかいろんなことがあったので、これぐらいでは腐らない。絶対に成長した姿を笑顔でみせられるようにしたい」と話していました。

サニブラウン まさかの敗退

ほんの3週間前まで日本記録保持者だったサニブラウン選手が、100メートルでまさかの代表落選となりました。

サニブラウン選手は、去年7月に世界的なラナ・ライダーコーチが率いるプロチームに移籍。新型コロナで東京オリンピックが延期になったことを受けて、体作りをゼロから見直しました。
ことしの春先にアメリカで取材した際には「毎日バキバキの体を動かしている」と笑顔で話すなど、日々、これまでにない筋肉痛に苦しむほど体を追い込んでいました。

その一方、実戦での経験はフロリダ大学に所属していた2019年のシーズンと比べると明らかに不足していました。おととしは、1月から室内のレースに出場。4月下旬以降は屋外で100メートルだけでなく、200メートルや400メートルリレーにも出場し、実戦での走り込みを重ねてきました。
そうした中で6月、あの9秒97の日本記録をマークし、満を持して出場した日本選手権でも圧倒的な力で100メートルと200メートルの2冠を達成したのです。
日本選手権までに出場したレースを数えると100メートルは8本、200メートルも7本走っていてリレーや室内の60メートルもあわせると32本ものレースをこなしていました。

その時と比べると、今シーズンは5月中旬に予定していた初戦を足の疲労を理由に欠場。結局、日本選手権前に走ったレースは5月末の100メートルが1本だけで、追い風3.6メートルの中10秒25でした。
そのため、サニブラウン選手にとって今回の日本選手権は「試合勘」をどこまで取り戻せるかが課題となっていました。

しかし、山縣亮太選手と同じ組となった今大会の準決勝では、無風の条件で10秒30の3位と伸ばせず、タイム順での決勝進出となるなど本来の調子を取り戻せませんでした。
決勝でも、持ち味の後半の力強い伸びが影を潜め、6位。日本を拠点とする選手たちが春先から国内のレースに出場してこの大会に向けて調子を上げてきたのに対し、明らかに体のキレを欠いていました。

レース後サニブラウン選手は「例年に比べてレースを走っている量が少なかったし、そこの部分で経験値の差が出たかなというのはある。中盤少し離されたところは落ち着いて上げていって、最後10メートルぐらいでスピードが上がってきたが、やはりその走り方ではだめかなと感じた」と話し、懸念していた実戦での経験不足を敗因としてあげました。

サニブラウン選手は、レース後も悔しそうな表情は見せず、「全力で臨んだ結果なので全然悔しくないし、200メートルもあるので気持ちを切り替えたい。200メートルは全然走っていないので、最初の100メートルをしっかり走って、後半も感覚を取り戻すような感じで走ることができればいい」と前を向いていました。