行き過ぎた校則見直しへ 必要な手続き 各校で明文化 岐阜

子どもたちにルールの在り方について主体的に考えてもらおうと、岐阜県教育委員会は、すべての高校などに校則の見直しに必要な手続きを明文化するよう通知し、各学校では具体的な動きが始まっています。

岐阜県教育委員会は先月、すべての県立高校と特別支援学校に、行き過ぎた校則などを見直す際には、どのようなプロセスが必要か明文化するよう通知しました。

これを受けて、県立大垣東高校では25日、学校側から生徒会にプロセスの案が示されました。

案には、生徒会が生徒の意見を集約して校長に校則の改正や廃止を求めることができることや、求めを受けて校長はアンケートなどで生徒や保護者の意見を聞くこと、最終的に校長が対応を決め、理由も明らかにすることなどが盛り込まれています。

案は大筋で合意され、今後細かな修正のうえで校則に明記される予定です。

生徒会の若山紗華会長は「自分たちの意見が通るかもしれないと感じた。学校生活がよりよくなるように行動を起こしていきたい」と話していました。

石神政幸校長は「生徒たちは意見を表明する権利を持っている。校則をきっかけに自分で考えて判断し実行する力をつけてほしい」と話していました。

文部科学省は、全国の教育委員会に校則をめぐる取り組みとして岐阜県のケースを紹介していて、こうした動きが全国に広がるか注目されます。