“感染状況 大変心配されている”長官本人の見解と理解 菅首相

宮内庁の西村長官が、来月のオリンピックをめぐり、天皇陛下が現在の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されているとして、関係機関が連携して感染防止に万全を期してもらいたいとする考えを示したことについて、菅総理大臣は記者団に対し「長官ご本人の見解を述べたと理解をしている」と述べました。

宮内庁の西村長官は、24日の定例の記者会見で「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と述べたうえで、関係機関が連携して感染防止に万全を期してもらいたいとする考えを示しました。

これについて菅総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し「長官ご本人の見解を述べたと理解をしている」と述べました。

一方、加藤官房長官は、閣議のあとの記者会見で、記者団が「宮内庁長官が天皇陛下の気持ちを推し量って公の場で明かす行為は適切か」と質問したのに対し「あくまでもご自身の考えを述べられたということだ。憲法との関係で問題があるとは考えていない」と述べました。

公明 山口代表「詮索すべきではない」

公明党の山口代表は、東京都内で記者団に対し「どういう意図や経緯で発言されたのかよくわからないので、直接的な評価は控えたいが、感染を防いで安全・安心の開催とすることが極めて重要だ。天皇陛下のご発言がどうかということをあまり詮索すべきではない」と述べました。

立民 枝野代表「コメントするべきではないと思っている」

立憲民主党の枝野代表は東京都内で記者団に対し「報道は承知しているが、私は政治の場に身を置く立場なので、それについてはコメントするべきではないと思っている」と述べました。

共産 志位委員長「憲法 守ることが必要」

共産党の志位委員長は、東京都内で記者団に対し「憲法で、天皇は『国政に関する権能を有しない』ということになっている。つまり、天皇は政治に関わらないということになっているわけなので、それをきちんと守っていくことが必要ではないか」と述べました。

国民 玉木代表「基本的には西村長官自身の発言」

国民民主党の玉木代表は記者団に対し「憲法上のことを考えれば、基本的には西村長官自身の発言だと捉えている。ただ、天皇陛下は東京オリンピック・パラリンピックの名誉総裁を務めておられ、慣例では開会宣言という象徴的な役割を担われるので、そのことも踏まえて、政府として、日本国として、感染拡大防止に全力を傾けなければならない」と述べました。