米 12階建てマンション崩壊 当局「4人死亡 159人連絡とれず」

アメリカ南部のフロリダ州で起きたマンションの崩壊で、地元当局はこれまでに4人の死亡が確認され、159人と連絡がとれなくなっていると発表しました。現場では捜索活動が続けられています。

アメリカ南部フロリダ州のマイアミ近郊で現地時間の24日未明、日本時間の24日午後、12階建てのマンションの一部が崩れ落ちました。

地元当局は、日本時間の25日夜9時すぎから記者会見を開き、これまでに4人の死亡が確認されたと発表しました。

また居住者のうち、依然として159人と連絡がとれていないということです。

アメリカメディアによりますと、このマンションには、冬の数か月間だけ滞在する人もいて、建物が崩れたときに何人が中にいたのかは分かっていません。

このマンションは、40年前に建設されたもので、崩壊したときには屋上で工事が行われていたとの情報もありますが、建物が崩れた原因は分かっていません。

現場での捜索活動は、夜を徹して行われましたが大量のがれきを取り除く作業に時間がかかり、難航しています。

バイデン大統領は25日、この崩壊を受けて非常事態宣言が出ているフロリダ州に対し、国として適切な支援を行うとする声明を発表しました。

近所の女性「建物崩れた時間帯に雷のような大きな音」

現場のマンション周辺の道路は規制線が張られ、広い範囲で封鎖されていて、消防や警察の車両が行き交うものものしい雰囲気になっています。

崩れた建物の前には大量のがれきが積み上がっていて、消防や救助隊が大型のライトで周囲を照らしながら捜索活動をする様子が確認できます。

また、現場周辺では多くのメディア関係者が取材や中継をしているほか、近所の住民などが不安そうに捜索活動を見守っています。

近所に住む36歳の女性は「建物が崩れた時間帯に雷のような大きな音を聞きました。とんでもない悲劇が起きてしまいました。1人でも多くの人が救助されることを祈っています」と話していました。

地元消防は捜索活動行う映像公開

地元の消防はSNSで捜索活動の映像を公開しました。

映像では、崩壊したマンションの地下駐車場で救助隊員らが機械を使ってがれきを取り除き、建物の内部に入ろうとしているように見えます。

隊員は崩れかけた天井の下でひざのあたりまで水につかって作業にあたっています。

消防によりますと、がれきを動かすたびに新たながれきが落ちてくるということで作業は難航しているということです。