マイクロソフト 「ウィンドウズ11」ことし後半に提供へ

アメリカのIT大手マイクロソフトは、スマートフォンのアプリとの連携を強化した次世代のパソコン向け基本ソフト「ウィンドウズ11」をことし後半に提供することを明らかにしました。

マイクロソフトは24日、オンラインでイベントを開き、次世代の基本ソフト「ウィンドウズ11」を発表しました。

パソコンとスマートフォン、それにタブレット端末などの間で連携が重要になる中で、新たな基本ソフトでは、アンドロイドのスマートフォンのアプリをパソコン上で使えるようになるとしています。
また、画面のデザインを一新したほか、グループでビデオ通話ができるソフトなどの使い勝手を向上させたということです。

新たな基本ソフトの提供はことし後半からで、今のウィンドウズ10の利用者は無料でアップデートできる予定だとしています。

マイクロソフトがウィンドウズを刷新するのはおよそ6年ぶりです。
オンラインのイベントでサティア・ナデラCEOは「新しい時代の始まりで、節目を迎えた。これは次世代ウィンドウズの最初のバージョンだが、今後10年、そしてその先まで開発を続ける」などと述べました。

パソコンの基本ソフトでは、アップルも今月、タブレット端末などとの連携を強化した新しい基本ソフトを公表しています。