伝統のホッカイシマエビ漁始まる 北海道 野付湾

三角形の白い帆が特徴の帆かけ舟を使った、伝統のホッカイシマエビ漁が北海道東部の野付湾で始まりました。

野付湾では初夏のホッカイシマエビ漁が24日から始まり、別海町の漁港からは午前4時半ごろおよそ20隻が漁に出ました。

野付湾は水深が浅いため、漁はエビの住みかとなる海草を船のスクリューで傷つけないよう、風の力で進む帆かけ舟を使った「打瀬網漁」と呼ばれる伝統的な方法で行われます。

漁業者は風の強さや向きに合わせて帆を動かして網を引き、舟の上にたぐり寄せると、薄い緑色のしまもようがあるエビが勢いよく跳ねていました。

漁業者は資源保護のため、体長が9センチを上回るエビだけを選んでは、かごの中に入れていました。

漁業者の豊田幸雄さんは「去年より少し小ぶりだがこれからに期待したい。ゆでたてがおいしいので、ぜひ食べてもらいたいです」と話していました。

野付湾のホッカイシマエビ漁は来月23日まで行われます。