リンゴ日報発行停止 加藤官房長官「重大な懸念」中国は反発

中国に批判的な論調で知られる香港の新聞「リンゴ日報」は、香港国家安全維持法に違反したとして警察に資金が凍結されたことなどを受けて、24日の朝刊を最後に発行停止に追い込まれました。

これについて、加藤官房長官が記者会見で言及したことに対し、中国外務省の報道官が強く反発しました。

加藤官房長官「報道の自由 大きく後退させる重大な懸念」

加藤官房長官は、24日午前の記者会見で「香港がこれまで享受してきた、民主的・安定的な発展の基礎となる言論の自由、報道の自由を大きく後退させるもので、重大な懸念を強めている。わが国としては、中国、香港当局に対し、香港基本法に規定されている、言論や報道の自由が保護されるよう求めるとともに、国際社会と緊密に連携して、中国側に強く働きかけを行っていく」と述べました。

中国外務省「強烈な不満と断固たる反対」

これについて、中国外務省の趙立堅報道官は、24日の記者会見で「言論の自由、報道の自由を大きく後退させるものだ」などと述べたことに、趙報道官は「日本が中国の内政に公然と干渉していることに、強烈な不満と、断固たる反対を表明する」と強く反発しました。