アンドロイド搭載スマホ 検索アプリ不具合解消とグーグル発表

基本ソフトの「アンドロイド」を搭載した一部のスマートフォンで、検索アプリが利用しづらい状況になっていましたが、グーグルは最新版のアプリを作成し、不具合を修正したと発表しました。

NTTドコモやKDDI、ソフトバンクでは、22日の午後から基本ソフトの「アンドロイド」を搭載した一部のスマートフォンで検索アプリが利用しづらくなる不具合が発生していました。

これについてアプリ配信元のグーグルは24日までに、不具合の修正を完了したと発表しました。

通信ネットワークに接続している場合は自動でアプリが最新版に更新され不具合が解消するほか、手動でもアプリを最新版に更新できるとしています。

また、NTTドコモも24日午前1時ごろまでに不具合が復旧したことを確認したと発表しました。

グーグルは「ご不便をおかけした皆さまにおわび申し上げます」とコメントしています。